寺野研究室

Terano Lab.

GEAR

業績一覧

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年以前

2016

  1. 寺野隆雄:総論:特集にあたって:経営問題の計測と実験をめざして 計測と制御:特集:企業経営・組織運営への実験科学アプローチ, Vol. 55, No. 1, pp. 2-5, 2016年1月.
  2. Kojin Yano, Hirobumi Hashimoto, Takao Terano, Proposing a Transit Oriented Development Model Through sensitivity Analysis of the resident's utility function, Journal of Advanced Computational Intelligence & Intelligent Informatics(JACIII), Vol.20, No.2, pp. 302-309, Feb. 2016.
  3. 寺野隆雄: 研究のネットワークがつながるとき 人工知能, レクチャーシリーズ:「つながりが創発するイノベーション」〔第6 回〕 Vol. 31, No. 2, pp.287-298, 2016年3月.
  4. 佐々木康浩, 吉川厚, 寺野隆雄: IT組織における職場リーダー像の系統的な導出. SEC Journal, Vol. 11, No. 4, pp.8-15, 2016年3月.
  5. Takao Terano: A Shape of Agent-Based Modeling to Come. Keynotes Speech, JAIST International Symposium on Knowledge Science, March 14-15, 2016, Kanazawa.
  6. 末永 昂平, 吉川 厚, 寺野 隆雄: エージェントシミュレーションによるソーシャルゲーム市場プロモーション戦略の分析. 計測自動制御学会システム・情報部門 社会システム部会 第10回社会システム部会研究会 資料, pp. 187-190, 石垣島 2016年3月16日-18日.
  7. 畠山 祐輝, 吉川 厚, 寺野 隆雄: 展示物の配置を考慮した博物館内における歩行者シミュレーション. 計測自動制御学会システム・情報部門 社会システム部会 第10回社会システム部会研究会 資料, pp. 191-194, 石垣島 2016年3月16日-18日.
  8. 青木 健, 吉川 厚, 寺野 隆雄: JST論文データベースにおける共著者ネットワークから得られる論文引用要因の分析. 計測自動制御学会システム・情報部門 社会システム部会 第10回社会システム部会研究会 資料, pp.223-226, 石垣島 2016年3月16日-18日.
  9. 黒瀬 雄太,寺野 隆雄: 実データに基づく宅配便物流の地域集約方式による効率化の研究. 人工知能学会ビジネス・インフォマティクス研究会資料 #15, 石垣島 2016年3月19日.
  10. 菊地 剛正, 國上 真章, 山田 隆志, 高橋 大志, 寺野 隆雄: マイナス金利を考慮した インターバンクネットワークの安定性. についてのシミュレーション. 人工知能学会ビジネス・インフォマティクス研究会資料 #9, 石垣島 2016年3月19日.
  11. 海野 一則, 山田 隆志, 寺野 隆雄: ソフト・コンピューティングによるポートフォリオ・リスク低減モデルの提案. 人工知能学会ビジネス・インフォマティクス研究会資料 #18, 石垣島 2016年3月19日.
  12. 北澤 正樹, 吉川 厚, 寺野 隆雄: サプライチェーン上の製造工場における部門連結を考慮した運用最適化. 人工知能学会ビジネス・インフォマティクス研究会資料 #16, 石垣島 2016年3月19日.
  13. 五島 圭一, 高橋 大志, 寺野 隆雄: ティックデータを用いたニュース記事分析. 人工知能学会ビジネス・インフォマティクス研究会資料  #8, 石垣島 2016年3月19日.
  14. 向井 大誠,寺野 隆雄: 企業間提携を支援するシステムの制度設計シミュレーション. 人工知能学会ビジネス・インフォマティクス研究会資料  #14, 石垣島 2016年3月19日.
  15. Chao Yang, Bin Jiang, Isao Ono, Setsuya Kurahashi, Takao Terano: A Grid Based Simulation Environment for Agent-Based Models with Vast Parameter Spaces. Cluster Computing, Volume 19 Issue 1, March 2016.
  16. Egusa, R., Namatame, M., Kobayashi, M., Terano, T., Mizoguchi, H., Kusunoki, F., Nakase, I., Ogawa, Y., & Inagaki, S.: Present Issues in Information Accessibility of Exhibitions in Japanese Science Museums. In J. Lavonen, K. Juuti, J. Lampiselka, A. Uitto & K. Hahl (Eds.), Electronic Proceedings of the ESERA 2015 Conference. Science education research: Engaging learners for a sustainable future, Part 12 (co-eds. M. Enghag, E. Henriksen, & C. Nicolaou), (pp.1903-1909) . Helsinki, Finland: University of Helsinki. ISBN 978-951-51-1541-6 (Messukeskus Helsinki, Expo and Convention), 2016.
  17. Mhd Irvan, Takao Terano: Multi-Agent Simulation for Group Recommendation in E-Learning Environments. AAMAS 2016, COIN/CARE Workshop Pre-Proceedings, pp. 61-64, Singapore, May 9-13, 2016,
  18. 内田 瑛, 寺野 隆雄, 吉川 厚: ケース教材読解におけるコンジョイント法の適用評価. 2016年度 人工知能学会全国大会(第30回)論文集, 1C4-OS-13a-4, 北九州, 2016年6月6日~6月9日.
  19. Irvan, Mhd, Terano, Takao: Predicting Future Investment based on Agent-based Simulation. 2016年度 人工知能学会全国大会(第30回)論文集, 2M3-2, 北九州, 2016年6月6日~6月9日.
  20. Wang Shihan, Terano, Takao: Mining Rumor Streams in Online Social Media. 2016年度 人工知能学会全国大会(第30回)論文集, 2M3-3, 北九州, 2016年6月6日~6月9日.
  21. 豊内 順一, 鮫嶋 茂稔, 寺野 隆雄: 協調自律分散システムの製造システムへの適用. 2016年度 人工知能学会全国大会(第30回)論文集, 2M4-OS-10a-1, 北九州, 2016年6月6日~6月9日.
  22. 五島 圭一, 高橋 大志, 寺野 隆雄: ティックデータを用いたニュースと株価との関連性分析 2016年度 人工知能学会全国大会(第30回)論文集 2M4-OS-10a-5, 北九州, 2016年6月6日~6月9日.
  23. Takamasa Kikuchi, Masaaki Kunigami, Takashi Yamada, Hiroshi Takahashi, Takao Terano: Analysis of the Influences of Central Bank Financing on Operative Collapses of Financial Institutions Using Agent-based Simulation. COMPSAC 2016,Proc. SSERV: The 3rd IEEE International Workshop on Social Services through Human and Artificial Agent Models, pp.1-10 Atlanta, June 10-14,2016.
  24. Masaki Kitazawa, Satoshi Takahashi, Toru B. Takahashi, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: Improving a Cellular Manufacturing System through Real Time-Simulation and ?Measurement. COMPSAC 2016,Proc. SSERV: The 3rd IEEE International Workshop on Social Services through Human and Artificial Agent Models, pp.1-6 Atlanta, June 10-14,2016.
  25. Orita, Akiko, Yoshikawa, Atsushi, Terano, Takao: MANGA-Case Training for Global Service Science. in Kwan, Stephen K., Spohrer, James C., Sawatani, Yuriko, (Eds.): Global Perspectives on Service Science: Japan, Springer, pp. 293-312, 2016.
  26. 高橋 聡, 高橋 B. 徹, 吉川 厚, 寺野 隆雄: マンガケースメソッドにおける学習プロセスモデル支援法としての マンガカードソート法の提案 科学教育研究, Vol. 40, No. 2, 2016年7月.
  27. Takao Terano: A Perspective on the Future of the Smallest Big Project in the World. in Hajime Kita, Kazuhisa Taniguchi, Yoshihiro Nakajima (eds.): Realistic Simulation of Finantial Markets: Analyzing Market Behaviors by the Third Mode of Science, Springer,Evolutionary Economics and Social Complexity Science 4, pp.87-93, July, 2016
  28. Sasaki, Yasuhiro, Kunigami, Masaaki, Terano, Takao: UNderstanding the Competency of Middle Managers on Different Business Environments. A Knowledge Management Perspective. Proc. Knowledge Management in Organization: The CHallenging Face of Knoaledge Management Impacting Society, 11-th International COnference, KMO2016, pp. 304-309, July 25-28, 2016.
  29. Fumihiro Sakahira, Takao Terano: Revisiting the Dynamics Between Two Ancient Japanese Descent Groups. in Barcelo, Juan A., Del Castillo, Florencia (eds.): Simulating Prehistoric and Ancient Worlds. Springer, pp. 281-310, 2016,
  30. Fumihiro Sakahira, Takao Terano: Generating Anthropological and Archeological Hypotheses in Okinawa through Agent-Based Simulation. Journal on Policy and Complex Systems, Volume 2, No.2, pp. 67-89, Fall 2015. (doi: 10.18278/jpcs.2.2.5)
  31. Taisei Mukai, Takao Terano: Modeling Decentralized Inter-Organizational Business Structures through Agent-Based Simulation. Proc. World Automation Congress (WAC)201,8 pp., 31 July-4 Aug. 2016 INSPEC Accession Number: 16357789, DOI: 10.1109/WAC.2016.7583025
  32. Masaki Kitazawa, Toru B. Takahashi, Satoshi Takahashi, AtsushiYoshikawa, Takao Terano: Combining Workers' Behavior Data and Real Time Simulator for a Cellular Manufacturing System. Proc. World Automation Congress (WAC)201,6 pp., 31 July-4 Aug. 2016 INSPEC Accession Number: 16357849 DOI: 10.1109/WAC.2016.7583024
  33. 寺野 隆雄:異分野交流によるイノベーションを進化計算で考える. 計測と制御:特集:スマーターワールド実現のための新たなシステムズアプローチ.   Vol. 55, No. 8, pp. 692-697, 2016年8月.
  34. 生田目 美紀, 中瀬 勲, 寺野 隆雄, 江草 遼平, 小川 義和, 小林 真, 溝口博, 楠房子, 稲垣成哲: 科学系博物館における情報アクセシビリティの紹介.  日本科学教育学会旋回論文集40,1A1-G4, pp.35-36, 2016年8月29日-8月21日 大分.
  35. 菊地 剛正,國上 真章,山田 隆志,高橋 大志,寺野 隆雄:  金融規制が金融システムの安定性や金融機関行動に与える影響についての  シミュレーション 第5回人工知能学会ビジネス・インフォマティクス研究会資料 #1, 盛岡 2016年8月29日.
  36. 坂田 顕庸, 末永 昂平, 高橋 聡, 國上 真章, 吉川 厚, 寺野 隆雄: AR端末を持つ群集の避難誘導行うシミュレーョンモデル. 第5回人工知能学会ビジネス・インフォマティクス研究会資料 #8, 盛岡 2016年8月29日. 
  37. 寺野 隆雄:エージェント・ベース・モデリングの楽しさと難しさ. JAWS2016チュートリアル講演, 2016年9月15日, 岐阜羽島.
  38. Mohsen Jafari Songhori, Takao Terano: Managing Knowledge Development in Product Development Projects: Insights from an Agent-Based Model. Proc. Social SImulation Conference 2016, 19-23, Sept., 2016, Rome. Italy
  39. Mohsen Jafari Songhori, Takao Terano: Managing Knowledge Transfer among Product Development Teams: Insights from an Agent-Based Model. Proc. Social SImulation Conference 2016, 19-23, Sept., 2016, Rome. Italy
  40. Takamasa Kikuchi, Masaaki Kunigami, Takashi Yamada, Hiroshi Takahashi, Takao Terano: Does Negative Interest Rate Policy Stabilize the Interbank Network? Proc. Social SImulation Conference 2016, 19-23, Sept., 2016, Rome. Italy
  41. Takao Terano: Complex Network Theory and Agent-Based Modeling -Analyzing the emrgence of Money Concept- Proc. JaKoSS, p. 335, 2016/10/21, Seoul, Korea.
  42. Akinobu Sakata, Masaaki Kunigami, Atsushi Yoshikawa,Takao Terano: Agent-Based Simulation Model for People Evacuation Support with Artificial Reality Facilitated Mobile Devices. Proc. JaKoSS, p. 336, 2016/10/21, Seoul, Korea.
  43. Masaki Kitazawa, Satoshi Takahashi, Toru B. Takahashi, Atsushi Yoshikawa,Takao Terano: Real Time Simulator with Multiple Worker's Behavior Data for a Cellular Manufacturing System Proc. JaKoSS, pp. 337-344, 2016/10/21, Seoul, Korea.
  44. Shinnosuke Hosonuma, Satoshi Takahashi, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: An Agent-Based Scenario Analysis for Tourism Policy Decisions. Proc. JaKoSS, pp. 337-344, 2016/10/21, Seoul, Korea.
  45. Ayako Ishiyama, Fusako Kusunoki, Keita Muratsu, Shigenori Inagaki, Takao Terano: Stamp-On Interface at a Museum Studies. Proc. 5-th Asian Conference on Information Systems, 27-29, Oct., 2016, pp.135-141, Krabi, Thailand.
  46. Shinnosuke Hosonuma, Satoshi Takahashi, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: An Agent-Based Scenario Analysis for Tourism Policy Decisions Proc. 5-th Asian Conference on Information Systems, 27-29, Oct., 2016, pp.233-234, Krabi, Thailand.
  47. 菊地 剛正, 國上 真章 , 山田 隆志, 高橋 大志, 寺野 隆雄: エージェントシミュレーションを用いた金融規制が金融機関の連動的な破綻に 与える影響の分析. 人工知能学会論文誌, 人工知能学会論文誌 Vol. 31(2016) No. 6, p.AG-G_1-11 (11) 論文特集:エージェント技術とその応用, 2016年11月02日.
  48. Jing Su, Mohsen Jafari Songhori, Takamasa Kikuchi, Masahiro Toriyama, Takao Terano: Restructuring Organization After Merger & Acquisition. The Proceedings of Internatinal Workshop: Artificial Intelligence of and for Business 2016 (AI-Biz2016) November 14, 2016, Kanagawa, Japan #4, 10pp.
  49. Yuji Tanaka, Susumu Aida, Takao Terano: Mining massive logs generated from runs of agent-based simulation. The Proceedings of Internatinal Workshop: Artificial Intelligence of and for Business 2016 (AI-Biz2016) November 14, 2016, Kanagawa, Japan #8, 10pp.
  50. Akinobu Sakata, Satoshi Takahashi, Masaaki Kunigami, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: Agent-Based Simulation for People Evacuation Support with Artificial Reality Facilitated Mobile Devices. The Proceedings of Internatinal Workshop: Artificial Intelligence of and for Business 2016 (AI-Biz2016) November 14, 2016, Kanagawa, Japan #9, 7pp.
  51. 末永 昂平, 坂田 顕庸, 吉川 厚, 寺野 隆雄: 学習分類子システムを用いた大規模多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲームにおける行動ルール抽出 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2016. 2016年12月6-8日(大津), 3pp., GS04-12.
  52. 坂田 顕庸, 末永 昂平, 高橋 聡, 國上 真章, 吉川 厚, 寺野 隆雄: 緊急避難状況における AR 端末による群集誘導のシミュレーション. 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2016. 2016年12月6-8日(大津), 4pp., SS05-14.
  53. Shihan Wang Mohsen Jafari Songhori Shuang Chang Takao Terano: THE IMPACT OF HUMAN RELATIONSHIP ON BANKRUPTCY-RELATED EVOLUTION OF INTER-FIRM TRADE NETWORK. Proceedings of the 2016 Winter Simulation Conference T. M. K. Roeder, P. I. Frazier, R. Szechtman, E. Zhou, T. Huschka, and S. E. Chick, eds., pp. 3405-3416, Dec. 11-14, 2016, Washington, DC, USA.

2015

  1. 坂平 文博, 寺野 隆雄:弥生農耕文化の「主体」は誰だったか? ―人類学・考古学への エージェントベースシミュレーションの適用―.コンピュータ ソフトウェア Vol.31, No.3, 3_97-3_108, 2014
  2. 矢野浩仁, 橋本博文, 福本恭, 寺野隆雄: 交通の適応型モーダルシフトに対するシステム評価. 情報処理学会論文誌 : 論文誌ジャーナル, Vol.56, No.1, pp.35-45, 2015年1月.
  3. 大黒 孝文, 竹中 真希子, 舟生 日出男, 山本 智一, 楠 房子, 寺野 隆雄, 稲垣 成哲: 教員志望大学生の実験技能の習得と実験知識の獲得を目指したケースメソッド学習用マンガ教材の評価ー手回し発電機によるコンデンサーの蓄電実験を題材としてー. 科学教育研究, Vol. 39, No. 1,pp.32-41, 2015年3月.
  4. 五島 圭一, 高橋 大志, 寺野 隆雄: 2ちゃんねると株価. 計測自動制御学会第8回社会システム部会研究会資料, pp.113-116, 2015年3月.
  5. 原田 泰輔, 吉川 厚, 寺野 隆雄: ネットワーク分析を用いた計算機利用技術分野の変遷. 計測自動制御学会第8回社会システム部会研究会資料, pp. 117-126, 2015年3月.
  6. 高橋 朋康, 吉川 厚, 寺野 隆雄: パレットの運用効率を考慮した宅配便配送計画立案に関する研究. 計測自動制御学会第8回社会システム部会研究会資料, pp. 173-178, 2015年3月.
  7. 北澤 正樹, 髙橋 雅和, 寺野 隆雄: 高齢化による移動行動変化を考慮した都市動態エージェントシミュレーション. 計測自動制御学会第8回社会システム部会研究会資料, pp. 189-192, 2015年3月.
  8. 周 劼亮, 山田 隆志, 寺野 隆雄: ソーシャルメディアの口コミ拡散を利用した オンラインメディアの集客戦略. 計測自動制御学会第8回社会システム部会研究会資料, pp.193-198, 2015年3月.
  9. 黒瀬 雄太, 寺野 隆雄: 実データから見る宅配便物流の季節変動. 人工知能学会第2回ビジネス・インフォマティクス研究会資料, pp.1-2, 2015年3月.
  10. 五島 圭一, 高橋 大志, 寺野 隆雄: 株価を用いたニュース記事評価と学習モデル間の比較. 人工知能学会第2回ビジネス・インフォマティクス研究会資料, pp.1-3, 2015年3月.
  11. Satoshi Takahashi, Toru B. Takahashi, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: If Experience is Worth, How Experts Behave in a Manga Case. Proc.DigitalWorld 2015, The Seventh International Conference on Information, Process, and Knowledge Management (eKNOW2015), pp. 159-165, 2015年3月.
  12. Ayako Ishiyama, Satoru Tokuhisa, Fusako Kusunoki, Shigenori Inagaki, Takao Terano: A Self-Made Personal Explanation Aid for Museum Visitors. Proc. Computation World 2015, The Seventh International Conference on Creative Content Technologies (CONTENT 2015), pp. 41-48, 2015年3月.
  13. Takao Terano: Taming One Million Learning Agents through a Learning Classier System Technique. Invited Talk, Asia-Pacific Social SImulation Workshop 2015, Jeju Island, Korea, April, 2015.
  14. Jiacai WANG, Takao TERANO: Facilitating collaborative design through feature recognition and scripting representation Proc. 19th IEEE International Conference on Computer Supported Cooperative Work, in Design, 6 pp. May 6-8, 2015, Calabria, Italy
  15. 江草遼平・保科弘明・生田目美紀・小川義和・小林真・寺野隆雄・溝口博・楠房子・中瀬勲・山本哲也・稲垣成哲: 科学系博物館の展示における情報アクセシビリティの全国調査. 日本科学教育学会研究会研究報告,Vol. 29, No. 6, pp.43-46, 2015年5月.
  16. 高橋聡, 高橋B.徹, 吉川厚, 寺野隆雄: マンガケース教材の学習支援システムの構築について (2015 年度 第 1 回研究会 e ラーニング環境のデザインと 組織マネージメント/医療・看護・福祉分野における ICT 利用教育/一般). 教育システム情報学会研究報告,JSiSE research report, 30(1), pp.15-22, 2015年5月23日, 千葉工業大学, 2015.
  17. 黒瀬雄太, 寺野隆雄: 季節変動を伴う宅配便物流の分析と評価. 2015年度人工知能学会全国大会(第29回)論文集, Vol. 29, 1F5-OS-09b-4, pp. 1-2, 2015年5月31日.
  18. 五島圭一, 高橋大志, 寺野隆雄: ニュースのテキスト情報から株価を予測する. 2015年度人工知能学会全国大会(第29回)論文集, Vol. 29, 2G4-OS-25a-4, pp. 1-3,2015年5月31日.
  19. 原田泰輔, 周劼亮, Thawiworadilok Chaiwat, 吉川厚, 寺野隆雄: 複雑ネットワークを用いた学術研究の動向に関する研究. 2015年度人工知能学会全国大会(第29回)論文集, Vol. 29, 2J4-OS-04a-2 , pp. 1-4, 2015年5月31日.
  20. 周劼亮, 山田隆志, 寺野隆雄: SNS口コミ拡散を利用したオンラインメデイア運営手法に関する研究. 2015年度人工知能学会全国大会(第29回)論文集, Vol. 29, 3J4-5, pp. 1-2, 2015年6月1日.
  21. Yibing Xiong,Takashi Yamada, Takao Terano: Dark Pool Usage and Individual Trading Performance. Proc. 21-st Computing in Economics and Finance. 20-22, June 2015. Taipei, Taiwan.
  22. Keiichi Goshima, Hiroshi Takahashi, Takao Terano: Estimating Financial Words' Negative-positive from Stock Prices Proc. 21-st Computing in Economics and Finance. 20-22, June 2015. Taipei, Taiwan.
  23. Takao Terano: Message from the SSERV 2015 Workshop Organizer. SSERV: The Second IEEE International Workshop on Social Services through Humanand Artificial Agent Models Proc. IEEE COMPSAC 2015, July 105, 2015, Taichun, Taiwan.
  24. 寺野 隆雄, 小山 友介: ゲーミフィケーション:世界をゲームとしてデザインする 計測と制御:特集:デザイン学のインパクト, Vol. 54, No. 7, p.494-500,2015年7月.
  25. 寺野隆雄:  AI ビジネス再び ─エージェントシミュレーションの世界へ─ 人工知能:特集:「ビジネスが創発する人工知能と人工社会」 Vol. 30 No. 4, pp.454-459. 2015 年7月.
  26. 高橋聡, 高橋B.徹, 吉川厚, 寺野隆雄: マンガケース教材の学習効果とその改善方法に関して. 第74回人工知能学会先進的学習科学と工学研究会資料. pp. 10-15, 信州大学, 2015年7月18日.
  27. MHD Irvan, Takao Terano: Multi-Agent Learning Approach to Personalization within Smart Classrooms. Proc. International Worksho in Social Computing & Education (SocialEdu2015). August, 19, Stanford, USA, 2015.
  28. 生田目美紀,寺野隆雄,江草遼平,小川義和,小林真,溝口博, 楠房子,中瀬勲,稲垣成哲: 科学系博物館の展示支援と学習プログラムにおける情報アクセシビリティの調査研究. 日本科学教育学会年会論文集39,2A1- I1, pp. 15-18, 2015年8月21-23日, 山形.
  29. 江草遼平,保科弘明, 生田目美紀, 小川義和, 小林真, 寺野隆雄, 溝口博, 楠房子, 中瀬勲, 山本哲也, 稲垣成哲: 視覚・聴覚障害者の利用における科学系博物館の情報アクセシビリティに関する全国 調査:博物館学習支援の観点から. 日本科学教育学会年会論文集39,2A1- I2, pp. 19-22, 2015年8月21-23日, 山形.
  30. 溝口博, 生田目美紀, 寺野隆雄, 江草遼平, 小川義和, 小林真, 楠房子, 中瀬勲, 稲垣成哲: 展示支援における情報アクセシビリティの海外事例調査および新技術の応用 可能性展望. 日本科学教育学会年会論文集39, 2A1-I3, pp. 23-26, 2015年8月21-23日, 山形.
  31. 小林真, 生田目美紀, 江草遼平, 小川義和, 溝口博, 楠房子, 寺野隆雄, 中瀬勲, 稲垣成哲: シテ科学産業博物館における視覚障害者のためのアクセシビリティ. 日本科学教育学会年会論文集39, 2A1-I4, pp. 27-30, 2015年8月21-23日, 山形.
  32. 内田瑛, 高橋B.徹, 寺野隆雄, 吉川厚: ケース教材読解の評価におけるコンジョイント分析. 日本科学教育学会年会論文集39, 3G3-E2, pp. 346-347, 2015年8月21-23日, 山形
  33. 高橋聡, 高橋 B. 徹, 吉川厚,寺野隆雄: マンガケースメソッドにおけるマンガカードソート法の提案. 日本科学教育学会年会論文集39, 3B3-F8, pp. 424-425, 2015年8月21-23日, 山形
  34. 寺野隆雄: AIビジネスふたたび:社会技術システムへの展開をめざして. 計測自動制御学会第9回社会システム部会研究会, 基調講演, 2015 8月28日
  35. 高橋聡, 高橋B.徹, 吉川厚, 寺野隆雄: マンガケースメソッド教育の評価とその改善. 教育システム情報学会全国大会論文集, C5-1, pp. 331-332,9月1日-9月3日, 徳島大学 2015.
  36. Takao Terano: The Shape of ABM to Come - The Need of Agent-based Modeling and Simulation to deal with Complex Policy Development in Indonesia, Japan and Taiwan. Keynote Speech, AESCS2015, September 9-13, Bali, Indonesia 2015.
  37. Chaiwat Thawiworadilok, Mohsen Jafari Songhori, Takao Terano: Coping with bullying in the classroom through agent-based modeling. Proc. AESCS2015, pp. 168-179, September 9-13, Bali, Indonesia 2015.
  38. Mohsen Jafari Songhori, Majid Abdi, and Takao Terano: Interactions Pattern and Technological Evolution of Product Subsystems: Implications from a Multi-attribute Landscape Search model. Proc. AESCS2015, pp. 180-191, September 9-13, Bali, Indonesia 2015.
  39. Jieliang Zhou, Takashi Yamada, Takao Terano: HOW TO ATTRACT CUSTOMERS TO YOUR WEBSITE WITH WORD-OF-MOUTH COMMUNICATION IN SOCIAL MEDIA. Proc. AESCS2015, pp. 268-178, September 9-13, Bali, Indonesia 2015.
  40. Takamasa Kikuchi, Hiroshi Takahashi, Takao Terano: The Propagation of Bankruptcies of Financial Institutions? an Agent Model of Financing Behavior and Asset Price Fluctuations. Proc. AESCS2015, pp. 291-302, September 9-13, Bali, Indonesia 2015.
  41. Mhd Irvan, Takao Terano: Distributed Classifier System for Smart Home’s Machine Learning Proc. AESCS2015, pp. 330-335, September 9-13, Bali, Indonesia 2015.
  42. Takao Terano: The Shape of Social Simulation to Come. Keynote Speech, The Fourth Asian Conference on Information Systems (ACIS2015), Penang, Malaysia, October 15-17, 2015.
  43. Shihan Wang, Takao Terano: Detecting Rumor Patterns in Streaming Social Media. Ptroc. 2015 IEEE International Conference on Big Data, Workshop on Big Data for sustainable development, pp. 2467-2473, Oct. 29-Nov. 01, 2015. Santa Clara, USA.
  44. Fumihiro Sakahira, Takao Terano: Generating Anthropological and Archaeological Hypotheses in Okinawa through Agent-Based Simulation. Proc. CSSSA Conference 2015, Paper No. 12, pp. 1-20, Oct. 30-Nov. 1, Santa Fe, USA, 2015.
  45. 矢野雄大, 神澤篤啓, 山田隆志, 吉川厚, 寺野隆雄 少人数学級は有効か? -エージェント・ベース・シミュレーションによる学級定員と学力との関係- 教育システム情報学会誌 Vol. 32,?No. 4, pp. 236-245, 2015
  46. Takao Terano: Rewinding Chinese-History through Agent-Based Modeling. Pleanary Talk, The 4-th International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics Part2 (IWACIII 2015 Part 2) Wuhan, China, Oct. 23-25, 2015.
  47. Kojin Yano, Hirobumi Hashimoto, Takao Terano: Proposing a Transit Oriented Development Model through Sensitivity Analysis of the Resident's Utility. Proc. The 4-th International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics Part2 (IWACIII 2015 Part 2) S4-5, pp. 1-7, Wuhan, China, Oct. 23-25, 2015.
  48. Takao Terano: Taming One Million Learning Agents through a Learning Classifier System Technique. Keynote Speech, 2015 International Conference on Intelligent Systems and Knowledge Engineering (ISKE 2015) 24-27 November 2015, Taipei, Taiwan.
  49. 周劼亮, 山田隆志, 寺野隆雄: SNSの口コミ拡散を利用したオンラインメデイアの運営手法に関する研究. 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2015(SSI2015) GS7-17, 2015年11月18-20日,函館.
  50. Yibing Xiong, Takashi Yamada, Takao Terano: COMPARISON OF DIFFERENT MARKET MAKING STRATEGIES FOR HIGH FREQUENCY TRADERS. Proceedings of the 2015 Winter Simulation Conference (WSC '15), pp. 324-335, December 6-9, 2015, Huntington Beach, USA.
  51. 海野一則, 山田隆志, 寺野隆雄: ポートフォリオ選択アルゴリズムOLMAR の実践的評価. 人工知能学会 合同研究会 2015 第3回ビジネス・インフォマティクス研究会 (SIG-BI), Paper Number Sig-BI-2,2015年11月13日, 日吉,東京.
  52. 菊地 剛正, 山田 隆志, 高橋 大志, 寺野 隆雄: 金融機関のALM 運営を考慮した破綻伝播のエージェントモデル 人工知能学会 合同研究会 2015 第3回ビジネス・インフォマティクス研究会 (SIG-BI), Paper Number Sig-BI-3,2015年11月13日, 日吉,東京.
  53. 田中 祐史, 寺野 隆雄: 小売業におけるサービス改善プロセスのシミュレーション. 人工知能学会 合同研究会 2015 第3回ビジネス・インフォマティクス研究会 (SIG-BI), Paper Number Sig-BI-4,2015年11月13日, 日吉,東京.
  54. Takahashi, S., Takahashi, B. T., Yoshikawa, A., Terano, T.: A Systematic Approach to Manga Case Method. Proc. The 23rd International Conference on Computers in Education (ICCE 2015), Nov. 30-Dec 4, Hangzhou, China, 2015..

2014

  1. 寺野隆雄: 編集にあたって:システム科学・情報学から見たこれからのサービスサイエンス. 情報処理-特集:システム科学・情報学から見たこれからのサービスサイエンス-, Vol. 55, No.2, pp. 124-125, 2014年2月.
  2. 木嶋恭一, 出口弘, 寺野隆雄: サービスのためのシステム・サイエンス. 情報処理-特集:システム科学・情報学から見たこれからのサービスサイエンス-, Vol. 55, No.2, pp. 126-131, 2014年2月.
  3. 鍋田武頼, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: WEB広告における実時間オークションのシミュレーションモデル. 計測自動制御学会第5回社会システム部会研究会資料, 2014年3月.
  4. 藤野俊樹, 北澤正樹, 山田隆志, 高橋雅和, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: スーパーマーケットで客はどう動く? -顧客動線分析とエージェントシミュレーションからわかること-. 計測自動制御学会第5回社会システム部会研究会資料, 2014年3月.
  5. 奥津規矢, 山本学, 寺野隆雄: 宅配業務における仕分作業とレイアウト構築の効率化に関する研究. 計測自動制御学会第5回社会システム部会研究会資料, 2014年3月.
  6. 滕杰, 山本学, 寺野隆雄: 宅配便ドライバの動的ルートスケジューリング. 計測自動制御学会第5回社会システム部会研究会資料, 2014年3月. 2014年3月
  7. 増田知昭, 山田隆志, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: 経済力か,才能か,環境か? -教育政策を考えるエージェント・シミュレーション-. 計測自動制御学会第5回社会システム部会研究会資料, 2014年3月.
  8. 高橋朋康, 寺野隆雄, 山本学: 運送会社のロジスティクスを改善する配置問題の検討. 計測自動制御学会第5回社会システム部会研究会資料, 2014年3月.
  9. 原田泰輔, 山本学, 寺野隆雄: 論文の共著関係ネットワークの中心性分析. 計測自動制御学会第5回社会システム部会研究会資料, 2014年3月.
  10. Tomoaki Masuda, Takeyori Nabeta, Toshiki Fujino, Manabu Ichikawa, Takao Terano: Discover Tommorrow: You are Applicants of the Games of the XXXII Olympiad. Proc.41-st Annual Conference of Association for Business Simulation and Experiential Learning (ABSEL 2014), p.32, March, 2014.
  11. Mhd Irvan, Na Chang, Takao Terano: Designing a Situation-aware Movie Recommender System for Smart Devices. Proc. The Sixth International Conference on Information, Process, and Knowledge Management (eKnow 2014) pp. 24-27, March 2014.
  12. Tomomi Kobayashi, Satoshi Takahashi, Masaaki Kunigami, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: How can Start-up Business Firms Keep the Motivations of Employees? -Analyzing Organizational Management Strategies through an Agent Based Model-. Proc. The Sixth International Conference on Information, Process, and Knowledge Management (eKnow 2014) pp. 173-178, March 2014.
  13. Ayako Ishiyama, Fusako Kusunoki, Ryohei Egusa, Keita Muratsu, Shigenori Inagaki, and Takao Terano: Stamp-On: A Mobile Game for Museum Visitors. In Zvacek, S., Restivo, M, T., Uhomoibhi, J., and Helfert, M.(Eds.), Proceedings of the 6th International Conference on Computer Supported Education (CSEDU), Vol. 3, pp.200-205, March 2014, Barcelona, Spain
  14. Egusa, R., Funaoi, H., Daikoku, T., Inai, R., Kusunoki, F., Takenaka, M., Terano, T., & Inagaki, S. Improving the Usability of Manga-on-a-Tablet for Collaborative Learning. In Zvacek, S., Restivo, M, T., Uhomoibhi, J., and Helfert, M.(Eds.), Proceedings of the 6th International Conference on Computer Supported Education (CSEDU), Vol. 1, pp. 446-451, March 2014, Barcelona, Spain
  15. Yuya Murata, Gaku Yamamoto, Takao Terano: Finding A Lost Child in A Crowded Amusement Park - Proposal of a Benchmark Problem for Massive Agent Systems-. Fifth International Workshop on Collaborative Agents - Research & Development, CARE for Intelligent Mobile Services, AAMAS Workshop 2014, May 2014.
  16. 内田 瑛, 國上 真章, 中野 健次, 吉川 厚, 寺野 隆雄: ペルソナ・コンジョイント法 ―ケース学習における組み立てによる認知の変化を測る―. 2014年度人工知能学会全国大会(第28回), 1B5-OS-12b-3,2014年5月.
  17. 村田 悠也 山本 学 寺野 隆雄 テーマパークで迷子を探す -大規模エージェントシステムとしての動的制約条件下での移動目 標探索-. 2014年度人工知能学会全国大会(第28回), 2M1-3, 2014年5月.
  18. Chathura Rajapakse,Takao Terano: Why do customers leave? An agent-based model to study customer engagement with services. Proc. 2014 Frontier in Service Conference, AGB-530, June, 2014.
  19. Takao Terano: Two Experiences on History Simulation via Agent-Based Modeling and Their Possible Extensions. Goldrain Workshop 2014: Understanding and mastering complex systems in times of digital revolution, June 22 - July 1, 2014, Goldrain/Coldrano, Italy.
  20. Keita Muratsu, Ayako Ishiyama, Fusako Kusunoki, Shigenori Inagaki,Takao Terano: Stamp-On in a Museum: Helping Children's Scientific Inquiry. Proc. Interaction Design and Children (IDC 2014), June, 2014.
  21. Na Chang, Mhd Irvan, Takao Terano: An Item Influence-Centric Algorithm for Recommender Systems, Advances in Intelligent Systems and Computing. Volume 290, Jun 2014.
  22. 五島 圭一, 高橋 大志, 寺野 隆雄: 経営者は市場リスクをどう評価しているか? -意思決定バイアスの影響の分析-. SICE システム・情報部門 社会システム部会, 第7回社会システム部会研究会 資料, pp.9-14, 2014年9月.
  23. 高橋 朋康, 寺野 隆雄: 宅配便配送拠点を再配置する -実データとシミュレーションによる分析-. SICE システム・情報部門 社会システム部会, 第7回社会システム部会研究会 資料, pp.113-116, 2014年9月.
  24. Yasuhiro Sasaki, Masaaki Kunigami, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: Identifying the Images of Desirable Middle Managers: Persona Design Method for evaluating Business Competencies. Lorna Uden, Darcy Fuenzaliza Oshee, I-Hsien Ting, Dario Liberona (Eds.): Proc. 9-th Int. Conf. on Knowledge Management in Organizations (KMO 2014), Springer LNBIP 185, pp. 288-299, September 2-5, 2014.
  25. Ayako Ishiyama, Fusako Kusunoki, Keita Muratsu, Shigenori Inagaki, Takao Terano: Stamp-On: Museum Support System to Connect a Mobile Device with Digital Contents. Proc. IARIA NextTech 2014 Conferences on The Fourth International Conference on Ambient Computing, Applications, Services and Technologies (AMBIENT2014), Rome, Italy.
  26. Chathura Rajapakse and Takao Terano: An Agent-based Model to Study Customers’Engagement with Brands from a Service-Dominant Logic Perspective. #38 Proc. SOCIAL SIMULATION CONFERENCE 2014 (SSC'14).
  27. Fumihiro Sakahira and Takao Terano: Rewindig the Dynamics between Two Japanese Ancient Descents -What would happen from the Jomon to the Yayoi Periods in Japan? #33, SOCIAL SIMULATION CONFERENCE 2014 (SSC'14).
  28. Na Chang, Takao Terano: Improving the Performance of User-based Collaborative Filtering by Mining Latent Attributes of Neighborhood. IEEE CPS Procs. 2014 International Conference on Mathematics and Computers in Sciences and in Industry, pp. 272-276, 2014.
  29. Toshiki Fujino, Masaki Kitazawa, Takashi Yamada, Masakazu Takahashi, Gaku Yamamoto, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: AnalyzingIn-store Shopping Paths from Indirect Observation with RFIDTags Communication Data , RISUS - Journal on Innovation and Sustainability. Vol. 5, No. 1, pp. 86-96. Jan 2014. 2179-3565
  30. 江草遼平・生田目美紀・小林真・寺野隆雄・溝口博・楠房子・中瀬勲・小川義和・稲垣成哲: 科学系博物館における情報アクセシビリティの課題. 日本科学教育学会研究会研究報告,Vol. 29, No. 1, pp.45-48, 2014年11月.
  31. 江草遼平・舟生日出男・大黒孝文・楠房子・竹中真希子・寺野隆雄・稲垣成哲: マンガ・ケースメソッド教材での着眼点の共有を支援するタブレットPC用システム:ポインティング機能に着目した評価. 教育システム情報学会研究報告,第29巻,第3号,37-38, (2014)(香川大学・2014/9/29・教育システム情報学会 2014年度 第3回研究会)
  32. 村田悠也,山本学,寺野隆雄: リアルタイムデータ集計アプリケーションにおける効果的なエージェント分散配置. Proc. JAWS2014, pp. 99-102, 2014年10月.
  33. 海野一則,山田隆志,寺野隆雄: オンライン・ポートフォリオ選択アルゴリズムは本当に機能するか? ー機械学習および探索的アルゴリズムの実践的評価ー. 人工知能学会金融情報学研究会(第13回)資料 SIG-FIN-03, pp. 1-8, 2014年10月11日.
  34. 寺野 隆雄: 社会を計算する:エージェント・シミュレーションの考え方. 経営情報学会2014年秋季全国研究発表大会, チュートリアル講演, 2014年10月26日.
  35. Yuya Murata, Gaku Yamamoto, Takao Terano: Improving the Performance of Mobile Application Systems through Agent Deployment Strategies in a Distributed Environment. Proceedings of the 5th. World Congress on Social Simulation (WCSS 2014)(Edward MacKerrow, Takao Terano, Flaminio Squazzoni, Jaime Simao Sichman, eds.), pp. 211-220, 2014.
  36. Chathura Rajapakse, Takao Terano: A Social Simulation Study of Customer Loyalty Formation from a Service-Dominant Logic Perspective. Proceedings of the 5th. World Congress on Social Simulation (WCSS 2014)(Edward MacKerrow, Takao Terano, Flaminio Squazzoni, Jaime Simao Sichman, eds.), pp. 221-233, 2014.
  37. Mhd Irvan, Na Chang, Takao Terano: Taming a Million Learning Agents for Recommender System through Distributed Computing. Proceedings of the 5th. World Congress on Social Simulation (WCSS 2014)(Edward MacKerrow, Takao Terano, Flaminio Squazzoni, Jaime Simao Sichman, eds.), pp. 309, 2014.
  38. Bin Jiang, Takashi Yamada, Chao Yang, Takao Terano: An Agent Model with Adaptive Weight-based Multi-objective Algorithm for Road-network Congestion Management. International Journal of Computer and Information Technology (IJCIT), Volume 3 - Issue 6 (Nev. 2014)
    ( http://www.ijcit.com/Vol3Issue6.php)
  39. 五島圭一, 高橋大志, 寺野隆雄: 市場情報を用いたニュース記事評価と価格分析. 人工知能学会, ビジネス・インフォマティクス研究会資料, 2014年11月.
  40. 高橋 聡, 高橋 B. 徹, 吉川 厚, 寺野 隆雄: マンガ教材を用いた経験知の抽出. 人工知能学会, ビジネス・インフォマティクス研究会資料, 2014年11月.
  41. 周劼亮, 山田隆志, 寺野隆雄: ABSを用いたバイラルメディア運営手法に関する研究. 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014(SICE/SSI2014) GS7-2, 2014.
  42. 村田悠也, 山本学, 寺野隆雄: エージェント技術を適用した動的な負荷分散手法の提案. 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014(SICE/SSI2014) GS7-3, 2014.
  43. 内田瑛, 國上真章, 中野健次, 吉川厚, 寺野隆雄: ペルソナ・コンジョイント法 ―ケース学習における目標と学びの違いを測る―. 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014(SICE/SSI2014) GS7-4, 2014.
  44. 五島圭一, 高橋大志, 寺野隆雄: 2ちゃんねるを通して見る日本証券市場の株価動向. 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014(SICE/SSI2014) GS7-5, 2014.
  45. 高橋朋康, 寺野隆雄: パレットの運用効率を考慮した宅配便配送計画 -実データとシミュレーションによる分析-. 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014(SICE/SSI2014) GS7-6, 2014.
  46. 内田瑛, 國上真章, 中野健次, 吉川厚, 寺野隆雄: ビジネスゲームの開発意図をプレイヤーは学べるか. 日本シミュレーション&ゲーミング学会2014年秋期全国大会論文報告集, pp.46-49, 2014年12月
  47. 周 劼亮, 山田隆志, 寺野隆雄: エージェントベース シミュレーションを用いたバイラルメディア運営手法に関する研究. 日本シミュレーション&ゲーミング学会2014年秋期全国大会論文報告集, 2014年12月

2013

  1. Yasuhiro Sasaki, Hikaru Uchida, Masaaki Kunigami, Atsushi Yoshikawa, Takako Terano:"Exploring your Business Leaders through Virtual Characters -Persona Design and Small Experiments-", eKNOW 2013, pp.40-44, 2013
  2. Tomomi Kobayashi, Satoshi Takahashi, Masaaki Kunigami, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano:"Is There Innovation or Deviation? -Analyzing Emergent Organizational Behaviors through an Agent Based Model and a Case Design", eKNOW 2013, pp.166-171, 2013
  3. 矢野 雄大, 山田 隆志, 吉川 厚, 寺野 隆雄: エージェント・ベース・シミュレーションを用いた教員への資源配分による施策効果分析. 計測自動制御学会第3回社会システム部会研究会(2013年2月28日-3月1日・岩手) pp. 43-50, 2013.
  4. 鍋田 武頼, 山本 学, 吉川 厚, 寺野 隆雄: エージェントベースシミュレーションを用いた組織構造に関する研究. 計測自動制御学会第3回社会システム部会研究会(2013年2月28日-3月1日・岩手) pp. 115-116, 2013.
  5. 滕 杰, 高橋 聡, 山本 学, 吉川 厚, 寺野 隆雄: タブレット端末を用いた英語作文支援システムの開発. 計測自動制御学会第3回社会システム部会研究会(2013年2月28日-3月1日・岩手) pp. 117-118, 2013.
  6. 藤野 俊樹, 北澤 正樹, 山田 隆志, 山本 学 吉川 厚, 寺野 隆雄,高橋 雅和: 小売店舗内における顧客行動シミュレーションに関する研究. 計測自動制御学会第3回社会システム部会研究会(2013年2月28日-3月1日・岩手) pp. 125-128, 2013.
  7. 増田 知昭, 山田 隆志, 山本 学, 吉川 厚, 寺野 隆雄 大規模エージェント・ベース・シミュレーションの特徴的な挙動の解析. 計測自動制御学会第3回社会システム部会研究会(2013年2月28日-3月1日・岩手) pp. 129-133, 2013.
  8. 奥津 規矢, 山本 学, 吉川 厚, 寺野 隆雄: ポイント交換サービス市場における制度設計. 計測自動制御学会第3回社会システム部会研究会(2013年2月28日-3月1日・岩手) pp. 139-140, 2013.
  9. 木村幸平, 吉川厚, 山本学, 寺野隆雄: エージェント・ベース・シミュレーションによるイノベーション実現過程 に関する研究. 第13回MASコンペティション, (株)構造計画研究所, Vol. 13, pp. 2, (2013)
  10. 矢野雄大, 山田隆志, 吉川厚, 寺野隆雄: エージェント・ベース・シミュレーションを用いた教育施策の効用の分析 第13回MASコンペティション, (株)構造計画研究所, Vol. 13, pp. 10, (2013).
  11. 矢野雄大, 山田隆志, 吉川厚, 寺野隆雄: エージェント・ベース・シミュレーションによる教員の経験差が教員配置施策効果に及ぼす影響の分析. 教育システム情報学会 学生研究発表会, pp.1-2, A8 (Mar. 2013)
  12. 増田知昭, 山田隆志, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: ABMによる子の学力と親の経済力の関係に関する研究. 第69回人工知能学会先進的学習科学と工学研究会(SIG-ALST)資料集, (2013), pp. 1?4.
  13. 木村幸平,吉川厚,山本学,寺野隆雄: エージェント・ベース・モデルによるイノベーション実現過程に関する研究. 計測自動制御学会第40回知能システムシンポジウム資料, 2013年3月.
  14. Satoshi Takahashi, Tomomi Kobayashi, Masaaki Kunigami, Takashi Yamada, Gaku Yamamoto, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: Relations between Partial Diversity and Organizational Performance in an Organizatrion. SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration (SICE JCMSI), Vol. 6, No. 2, pp. 147-156, March 2013.
  15. 海野一則, 山田隆志, 寺野隆雄: 機械学習を用いたポートフォリオの最適化 2013年度人工知能学会全国大会(第27回)論文集, 1D5-6, 2013年6月.
  16. 村田悠也, 山本学, 寺野隆雄: 高速マルチエージェントシステムによるリアルタイムデータ集計処理 2013年度人工知能学会全国大会(第27回)論文集, 3F3-7, 2013年6月.
  17. 大野文夫, 高橋大志, 寺野隆雄: 環境配慮型製品は生き残れるかーエージェントシミュレーションによる分析ー 2013年度人工知能学会全国大会(第27回)論文集, 3F4-1, 2013年6月.
  18. 増田知昭, 山田隆志, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: マイノリティ・ゲームを用いた大規模シミュレーションにおけるエージェント挙動の解析 2013年度人工知能学会全国大会(第27回)論文集, 3F4-5, 2013年6月.
  19. 藤野俊樹, 北澤正樹, 山田隆志, 高橋雅和, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: エージェントシミュレーションと実データに基づく小売店舗における顧客行動の分析 2013年度人工知能学会全国大会(第27回)論文集, 3F4-6, 2013年6月.
  20. 内田瑛, 寺野隆雄, 吉川厚: 登場人物の役割認識に基づいた学習効果の測定. 2013年度人工知能学会全国大会(第27回)論文集, 4J1-OS-23-3, 2013年6月.
  21. Fumio Oono, Hiroshi Takahashi, Setsuya Kurahashi, Takao Terano: Environmental Regulation Policy and Dissemination of Eco-Products: An Agent-Based Computational Analysis Proc. 18th Annual Workshop on the Economic Science with Heterogeneous Interactibg Agent (HEHIA 2013), wehia2013_submission_153.pdf, June, 2013.
  22. Takao Terano, Tomomi Kobayashi, Satoshi Takahashi, Masaaki Kunigami, Atsushi Yoshikawa: Case Meets Agent-Simulation: Toward Model-Based Case Development in a Service Domain Proc. 2013 Frontier in Service Conference, p.10, July, 2013.
  23. 寺野隆雄: 社会システムの研究動向1-世界と日本の事情- 計算機科学と社会科学のはざまで生きる社会シミュレーション. 計測と制御-特集:社会シミュレーション&サービスシステムが目指す社会-, Vol. 52, No. 7, pp. 568-573, 2013年7月.
  24. 大黒孝文, 舟生日出夫, 竹中真希子, 山本智一, 楠房子, 寺野隆雄, 稲垣成哲: 実験操作技能を高めるマンガケースメソッド教材の開発. 日本理科教育学会第63回全国大会発表論文集, PO-002, p. 442, 2013年8月.
  25. Takashi Yamada, Takao Terano: Rule learning with adaptive learning and quasi fictitious play in “do-it-yourself lottery” with incomplete information. Proc. The 8th International Workshop on Agent-based Approach in Economic and Social Complex Systems(AESCS2013) pp. 135-146, Sept. 2013.
  26. Chathura Rajapakse andTakao Terano: An Agent-based Implementation of Service System Interactions based on the ISPAR model Proc. The 8th International Workshop on Agent-based Approach in Economic and Social Complex Systems(AESCS2013) pp. 159-170, Sept. 2013.
  27. Masaki Kitazawa, Takashi Yamada, Masakazu Takahashi, Takao Terano: Agent-Based In-Store Simulator for Customer Pedestrian Behaviors in a Supermarket. Proc. The 8th International Workshop on Agent-based Approach in Economic and Social Complex Systems(AESCS2013) pp. 182-189, Sept. 2013.
  28. 増田知昭,山田隆志,山本学,吉川厚,寺野隆雄: マイノリティ・ゲームにおける大規模エージェント・ベース・シミュレーションの解析 JAWS2013ポジションペーパー, pp. 105-108, 2013年9月
  29. 坂平文博,寺野隆雄: 弥生農耕文化の主体は誰だったか?-人類学・考古学へのエージェントベースシミュレーションの適用- JAWS2013 最優秀論文賞, 2013年9月.
  30. 藤野俊樹, 北澤正樹, 山田隆志, 高橋雅和, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: 実データに基づく小売店舗内における顧客行動の分析,” 計測自動制御学会 第4回社会システム部会研究会資料集, pp. 7?12, 2013年9月.
  31. 増田知昭, 山田隆志, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: マイノリティ・ゲームにおける大規模エージェントシミュレーションの解析. 計測自動制御学会 第4回社会システム部会研究会資料集, pp. 41-45, 2013年9月.
  32. 鍋田武頼, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: RTBにおけるオークションモデルに関する研究. 計測自動制御学会 第4回社会システム部会研究会資料集, pp. 57?60,2013年9月.
  33. Masaki KITAZAWA, Fumiaki SATO, Takashi YAMADA, Masakazu Takahashi, Takao TERANO: How Do Customers Buy Them at a Supermarket? Behavior Analysis from Real Observation and Agent Simulation. Proc. Second Asian Conference on Information Systems (ACIS2013), pp. 217-222, Nov., 2013.
  34. 鍋田武頼, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: RTBにおけるオークションモデルに関する研究. 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2013, pp. 456-459, 2013年11月.
  35. 増田知昭, 山田隆志, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: マイノリティ・ゲームにおける大規模エージェントシミュレーションの解析. 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2013, pp. 450-455, 2013年11月.
  36. 藤野俊樹, 北澤正樹, 山田隆志, 高橋雅和, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: 実データに基づく小売店舗内における顧客行動の分析. 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2013, pp. 438-443, 2013年11月.
  37. Toshiki Fujino, Masaki Kitazawa, Takashi Yamada, Masakazu Takahashi, Gaku Yamamoto, Atsushi Yoshikawa,Takao Terano: Analyzing In-Store Shopping Paths from Indirect Observation with RFID Tag Communication Data. Proc. 10th International Conference on Innovation and Management (ICIM 2013), p. 38, Dec. 2013.
  38. Yoshihiro Sasaki, Masaaki Kunigami, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: Persona design Method for Evaluating Business Skills. Proc. 10th International Conference on Innovation and Management (ICIM 2013), p. 58, Dec. 2013.
  39. 小西憲治, 山田隆志, 吉川厚, 寺野隆雄: 社会ネットワーク理論に基づくソフトウェア開発プロジェクトの成功要因の実証分析. 経営情報学会誌, Vol. 22, No. 3, pp.159-182, 2013.
  40. 増田知昭,鍋田武頼,藤野俊樹,市川学,寺野隆雄: オリンピック誘致ゲームにおける体験学習. 日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文報告集 2013年秋号, pp. 36-40, 2013年12月.
  41. Yoshihiro Sasaki, Masaaki Kunigami, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: Persona Design Method: Investigating What They Feel about Business Leasers. Proc. 6-th JPAIS/JASMIN International Meeting 2013 - Current Issues and Challenges in IT Enabed Services in Japan, (An Official Ancillary Meeting of the 2013 International Conference on Information Systems (ICIC)), pp. 21, 22, Dec., 2013.

2012年

  1. Khan Muhammad Badruddin, Isao Yagi, Takao Terano: Applying Data Mining Techniques to Assess Steel Plant Operation Conditions. D. E. Holmes, L. C. Jain (Eds.): Data Mining: Foundations and Intelligent Paradigms, ISRL 25, Springer, pp. 343-361, 2012.
  2. Tomomi Kobayashi, Satoshi Takahashi, Masayuki Kunigami, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: A Unified Agent-Based Model to Analyze Organizational Deviation and Kaizen Activities. in Francien Dechesne, Hiromitsu Hattori, Adriaan ter Mors, Jose Miguel Such, Danny Weyns, Frank Dignum (Eds.): Advanced Agent Technology -Proc. AAMAS 2011 Workshops-, LNAI 7068, Springer Verlag, pp. 384-395, 2012.
  3. Sayuri Yoshizawa, Takao Terano, Atsushi Yoshikawa: Assessing the Impact of Student Peer Review in Writing Instruction by Using the Normalized Compression Distance. IEEE Transactions on Professional Communication, 10.1109/TPC.2011.2172833, Vol. 55, No. 1, pp. 85-96, 2012.
  4. 寺野隆雄:社会システムシミュレーション. 日本シミュレーション学会編:シミュレーション辞典,コロナ社, p. 136, 2012.
  5. 寺野隆雄:エージェントシミュレーションツール. 日本シミュレーション学会編:シミュレーション辞典,コロナ社, p. 22, 2012.
  6. 寺野隆雄:システムダイナミクス. 日本シミュレーション学会編:シミュレーション辞典,コロナ社, p. 121, 2012.
  7. 寺野隆雄:社会システムシミュレーション技術をいかに納得させるか. 学術の動向-特集:シミュレーションと社会-文理を結ぶ新しい方法論-, Vol.17, No.2, pp. 45-47, 2012年2月.
  8. 木村幸平, 山田隆志, 吉川厚, 山本学, 寺野隆雄: エージェント・ベース・モデルによるイノベーション要因の分析. 計測自動制御学会第1回社会システム部会研究会資料, pp. 41-44, 2012年3月.
  9. 矢野雄大, 神澤篤啓, 山田隆志, 吉川厚, 寺野隆雄: 教員資源配分としての教育施策効果の分析. 計測自動制御学会第1回社会システム部会研究会資料, pp. 59-66, 2012年3月.
  10. 村田悠也, 山田隆志, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: エージェント技術を適用したリアルタイムデータ集計処理の設計. 情報処理学会第74回全国大会公演論文集, 4N-1, 2012年3月.
  11. 内田 瑛, 折田 明子, 國上 真章, 寺野隆雄, 吉川 厚: マンガキャラクターにおける視覚的特徴がその印象に与える影響. 教育システム情報学会 JSiSE 2012春 学生研究発表会, pp. 182-183, 2012年3月.
  12. 田中祐史, 山田隆志, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: エージェントシミュレーションによる競争緩和手段としてのポイントサービスの分析. 人工知能学会知識ベースシステム研究会(第95回), pp. 7-12, 2012年3月.
  13. 田中祐史, 山田隆志, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: エージェントシミュレーションによる複数店舗間のポイントサービスと値引き戦略の分析. 計測自動制御学会第39回知能システムシンポジウム資料, pp. 197-202, 2012年3月.
  14. 新井豊, 吉川厚, 山本学, 寺野隆雄: ネットワークモデルの大規模エージェント・シミュレーションに関する考察. 計測自動制御学会第39回知能システムシンポジウム資料, pp. 203-207, 2012年3月.
  15. 矢野雄大, 神澤篤啓, 山田隆志, 吉川厚, 寺野隆雄: エージェント・ベース・シミュレーションを用いた教員配置問題の分析. 教育システム情報学会研究報告, Vol. 26, No. 7 (2012-3), pp. 153-160, 2012年3月.
  16. Chao Yang, Setsuya Kurahashi, Isao Ono, Takao Terano: Pattern-Oriented Inverse Simulation for Analyzing Social Problems: Family Strategies in Civil Service Examination in Imperial China. Advances in Complex Systems, 2012.
  17. 越山修,國上真章,吉川厚, 寺野隆雄: ビジネスゲーム学習者の行動プロセスの研究-改良したパフォーマンスシートを用いて- シミュレーション&ゲーミング, Vol. 21, No. 2, pp. 86-95, 2011.
  18. 岡田勇,遠藤薫,佐藤哲也,鳥海不二夫,山本仁志,水野誠,寺野隆雄,太田敏澄: 社会シミュレーション:モデルの粒度と現象の接合を探る. 日本社会情報学会学会誌,第23巻2号,pp.65-80, 2012年3月.
  19. 内田瑛,折田明子,國上真章,寺野隆雄,吉川厚: 学習における気づきの変化を測る 2012年度人工知能学会全国大会(第26回)論文集, 1F2-OS-11-6, 2012.
  20. 折田明子,吉川厚, 寺野隆雄: マンガ教材によるグローバルなビジネス教育の実践 2012年度人工知能学会全国大会(第26回)論文集, 1P2-OS-9a-6, 2012.
  21. 吉澤小百合,國上真章,高橋聡,吉川厚,寺野隆雄: ピクトグラム・ネットワークによる作文改善支援. 2012年度人工知能学会全国大会(第26回)論文集, 2L1-R-12-4, 2012.
  22. 海野一則,山田隆志,寺野隆雄: 機械学習を用いたトレード手法およびポートフォリオの動的再構成. 2012年度人工知能学会全国大会(第26回)論文集, 4E1-OS-15-7, 2012.
  23. Takao Terano, Tomomi Kobayashi, Satoshi Takahashi: Is This a Good Service? - Analyzing Service Levels of Individuals and Organizations through Agent-Based Modeling. 2012 Frontier in Service Conference, Session # 269, 2012.
  24. 佐賀井重雄, 寺野隆雄: 配電線の災害時応急復旧時間と領域の地理的特性, 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), Vol. 132, No. 7, 2012.
  25. Yuji Tanaka, Takashi Yamada, Gaku Yamamoto, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: Points or Discount for Better Retailer Services - Agent-Based Simulation Analysis. Lorna Uden, Francisco Herrera, Javier Bajo Perez, Juan Manuel Corchado Rodriguez (eds.): Proc. 7th International Conference on KMO, Springer, AISC 172, pp. 481-491, 2012.
  26. Hikaru Uchida, Akiko Orita, Masaaki Kunigami, Takao Terano, Atsushi Yoshikawa: Measuring Learners' Awareness through Persona-Conjoint Method. Proc. 34th Annual Cognitive Science Conference, Poster Session 2-63,2012.
  27. Sayuri Yoshizawa-Watanabe, Masaaki Kunigami, Satoshi Takahashi, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: Pictogram Network to Support English Composition Instructors. Proc. 34th Annual Cognitive Science Conference, Poster session 3-160, 2012.
  28. Takao Terano: Rewinding the HIstory of the Cjinese Civil Servant Examination System through Agent-Based Modeling with High Performance Computers. Proc. BIT's 1st Annual World Congress of Emerging Infortech-2012, p.339, 2012.
  29. Yamada Takashi, Takao Terano: A Computational Study of Rule Learining in "Do-It-Yourself Lottery" with Aggregate Information. Proc. World Congress on Social Simulation, 12pp. No. 53 in CD-Rom 2012.
  30. 藤野俊樹, 高橋聡, 高橋徹, 楠房子, 稲垣成哲, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: 拡張現実感を用いた博物館での能動的学習に関する研究. 計測自動制御学会第14回創発システムシンポジウム, P33, 2012.
  31. 滕杰, 高橋聡, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: タブレット端末を用いた英語作文支援システムの開発 計測自動制御学会第14回創発システムシンポジウム, P38, 2012.
  32. 増田知昭, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: 大規模エージェントシミュレーションにおける特徴的な挙動の分析. 計測自動制御学会第14回創発システムシンポジウム, P42, 2012.
  33. 鍋田武頼, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: エージェント・ベース・シミュレーションを用いた組織における情報伝播の考察 計測自動制御学会第14回創発システムシンポジウム, P44, 2012.
  34. 奥津規矢, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: ポイント交換市場における制度設計. 計測自動制御学会第14回創発システムシンポジウム, P45, 2012.
  35. 寺野隆雄: 「人を育てるシステム」のための機械学習技術. 材料とプロセス, Vol. 25, No. 2, 鉄鋼協会第164回秋季講演大会, 討論34, pp. 685-686, 2012.
  36. Hikaru UCHIDA, Masaaki KUNIGAMI, Akiko ORITA, Takao TERANO, Atsushi YOSHIKAWA: Persona Conjoint Method: Measuring Learners' Latent Understandings and the Effect of Stereotypes in Complex Business Situations. Proc. Grace Hopper Clelebration of Women in Computing (GHC2012). 2012.
  37. Sayuri Yoshizawa-Watanabe, Masaaki Kunigami, Satoshi Takahashi, Takao Terano, Atsushi Yoshikawa: Pictogram Network: Evaluating English Composition Skills. Proc. IEEE IPCC 2012, No. 86, CD-ROM, 2012.
  38. 佐々木康浩, 吉川厚, 寺野隆雄: シミュレーションによる組織の状況に対応したITリーダーの効率的な育成方法の試案. Proc. JAWS 2012, 81 in Momory, 2012.
  39. 村田悠也, 山本学, 寺野隆雄: リアルタイムデータ集計を行う高速マルチエージェントシステムにおけるエージェント分散配置の性能評価. Proc. JAWS 2012, 16 in Momory, 2012.
  40. 大野文夫, 高橋大志, 寺野隆雄: 環境規制下における企業動向に関する研究. Proc. JAWS 2012, 83 in Momory, 2012.
  41. 木村幸平, 山田隆志, 吉川厚, 山本学, 寺野隆雄: エージェント・ベース・モデルによるイノベーション要因の分析. Proc. JAWS 2012, 42 in Momory, 2012.
  42. 小林知巳, 高橋聡, 國上真章, 吉川厚, 寺野隆雄: エージェントシミュレーションでケースを説明する(S) Proc. JAWS 2012, 62 in Momory, 2012.

2011年

  1. Hamed Khandan, Takao Terano: A Knowledge Request-Broker Architecture for Development of Artificial Social Intelligence. Proc. Second International Conference on Computational Intelligence, Modelling and Simulation, pp.431-435, 2010.
  2. S. Sagai, T. Mori, and T. Terano: "Analyzing the Emergency Restoration Processes of an Electric Power Distribution Network by a Multi-Agent Simulator." Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol. 15, No.2, pp.240-248, 2011.
  3. 越山修, 國上真章,吉川厚,寺野隆雄: ビジネスゲーム学習者の思考プロセスを測定する手法の提案. 第17回社会情報学シンポジウム学術講演論文集, pp.115-120, 2011.1.21.
  4. 角埜恭央,大熊裕哉,寺野隆雄: エージェント・ベース・シミュレーションを用いた我国のソフトウェア産業の構造分析 第17回社会情報学シンポジウム学術講演論文集, pp.143-148,2011.1.21.
  5. 寺野隆雄: シミュレーションで社会をみる.(招待講演) 計測自動制御学会第44回システム工学部会研究会 「第2回社会シミュレーション&サービスシステム・シンポジウム」資料 pp. 103-110, 2011.3.10.
  6. Hasnat Elias Mohammad Abu,山田隆志,寺野隆雄: Study on Multiagent Learning Classifier System and its Application to Hot Strip Mill Operations. 計測自動制御学会第44回システム工学部会研究会 「第2回社会シミュレーション&サービスシステム・シンポジウム」資料 pp. 13-20, 2011.3.10.
  7. 大熊裕哉,角埜恭央,寺野隆雄: SugarScape モデルを拡張したソフトウェア産業の構造分析. 計測自動制御学会第44回システム工学部会研究会 「第2回社会シミュレーション&サービスシステム・シンポジウム」資料 pp. 37-44, 2011.3.10.
  8. 高橋聡,小林知巳,國上真章,山田隆志,山本学,吉川厚,寺野隆雄: 多様な構成員からなる組織のパフォーマンスモデル. 計測自動制御学会第44回システム工学部会研究会 「第2回社会シミュレーション&サービスシステム・シンポジウム」資料 pp. 61-68, 2011.3.10.
  9. Mhd Irvan, Takashi Yamada, Takao Terano: Simulating Patrols Society: A Learning Classifier System Approach towards Optimal Security. 計測自動制御学会第44回システム工学部会研究会 「第2回社会シミュレーション&サービスシステム・シンポジウム」資料 pp. 69-70, 2011.3.10.
  10. 吉澤小百合,吉川厚,寺野隆雄: 英作文ピアレヴュー学習における複数評価者の影響に関する考察. 人工知能学会研究会資料「先進的学習科学と工学研究会(第61回)」 pp.19-24,2011.3.13.
  11. Takao Terano: Rewinding the History: Uncovering the Civil Servant Examination System in China through Agent-Based Modeling. (Invited Talk) Proc. US Japan Society for the Proposion of Science Alumni Association 1st Multidisciplinary Science Forum, pp. 62-63, 2011.03.11.
  12. 菊田 剛,文健哲,山田隆志,吉川 厚,寺野隆雄: 新刊書籍の売上データに基づく書籍需要予測手法. 計測自動制御学会第38回知能システムシンポジウム講演論文集, pp. 67-72, 2011.3.16.
  13. 中野弘一,吉川 厚,寺野隆雄: 知覚の個人差を測定する実験の提案-共感覚からみる知覚の個人差- 教育システム情報学会2011学生研究発表会資料, 2011.3.8.
  14. 楠房子,稲垣成哲,生田目美紀,杉山はるか,黒田秀子,寺野隆雄: e-learningを活用した児童用指文字学習環境の開発と評価. 教育システム情報学会特集論文研究会「実用的eラーニング環境の構築と運用」 2011.3.19
  15. 大平哲史,寺野隆雄: 空間ゲームに基づく入札談合問題の分析. 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), Vol.131, No. 3, pp. 689-697, 2011年3月.
  16. Sato, F., Kitazawa, M., Yoshikawa, A., Terano, T., "Development of Agent-Based In-Store Simulator to Analyze Pedestrian Behaviors," The 4th Japan-China Joint Symposium on Information Systems (JCIS 2011), Nanchang, Jiangxi, China, pp. 31-34, April 14-16, 2011.
  17. Konishi, K., Yoshikawa, A., Terano, T., "Analysis of Success Factors of IT Projects based on Social Network Theory," The 4th Japan-China Joint Symposium on Information Systems (JCIS 2011), Nanchang, Jiangxi, China, pp. 51-56, April 14-16, 2011.
  18. Muhammad Badruddin Khan, Isao Yagi, Takao Terano: Extracting Energy-Efficient Operation Knowledge for an Innovative Electric Arc Furnace. Proc. SEAISI Conference & Exhibition, May 2011.
  19. 田中祐史, 堀井理沙, 佐藤史章, 市川学, 寺野隆雄, 出口弘: プラットフォーム事業におけるジレンマ解消への接近-ショッピングモール内飲食店の敷地分譲ゲームを用いて- 日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文報告集2011年春号, pp. 1-4, 2011.5.28-29.
  20. 吉澤小百合, 寺野隆雄, 吉川厚: 英作文技術向上のための問題作成支援. 第25回人工知能学会全国大会講演予稿集,2E1-2, 2011.6.1-3.
  21. 寺野隆雄, ハスナット E. M. アブ, エムハデ イルファン: 学習分類子システムを用いたプラントオペレーション知識の獲得. 鉄と鋼, Vol. 97, No. 6, pp. 20-26, 2011.6.
  22. 文健哲,寺野隆雄: ブログ記述内容・ブログ数から読取る書籍売上げの先行指標としての外部 イベントの影響の考察.Direct Marketing Review, Vol. 10, pp. 33-54, 2011.
  23. Toru Takahashi, Takao Terano: Big Fat Wand: A Laser Projection System for Information Sharing in a Workspace. in Gavriel Salvendy and Michael J. Smith (eds.): Human Interface and the Management of Information, Springer LNCS 6772, LNCS67720403, pp. 403-410, 2011.
  24. Tetsushi Ohdaira and Takao Terano: Scale-Free Relationships Facilitate Cooperation in Spatial Games with Sequential Strategy. Journal of Artificial Societies and Social Simulation Vol. 14, No. 3, 3 http://jasss.soc.surrey.ac.uk/14/3/3.html, 2011.
  25. Takao Terano, Setsuya Kurahashi, Kenichi Yoshida, Kazuhiko Tsuda, Hiroshi Takahashi, Masakazu Takahashi: Implementing Social Service Software for Public Urban Decisions of a Local City. 20th Annual Frontiers in Service Conference, 2011.
  26. 折田明子, 吉川厚, 寺野隆雄: マンガ教材のグローバル活用に向けて-米国州立大学での授業報告-. 日本科学教育学会年会論文集, Vol.35, pp. 64-65, 2011.
  27. 寺野隆雄, 吉川厚, 折田明子, 越山修, 國上真章: マンガを使ったケース学習をどう評価するか 日本科学教育学会年会論文集, Vol.35, pp. 66-67, 2011.
  28. Hiroshi Takahashi, Satoru Takahashi, Takao Terano: Analyzing the Influence of FUndamental Indexing thourough Inverse Simulation Analysis. Proc. SICE Annual Conference 2011, WeB06-04, pp. 514-515, 2011.
  29. Mhd Irvan, Takashi Yamada, Takao Terano: Multi-Agent Learning Approach to Dynamic Security Patrol Routing. Proc. SICE Annual Conference 2011, WeC06-03, pp. 875-880, 2011.
  30. Hasnat Elias Mohammad Abu, Takashi Yamada, Takao Terano: Multi Agent Simulation through Organizational Learning Classifier System. Proc. SICE Annual Conference 2011, ThA06-09, pp. 1230-1235, 2011.
  31. Hamed Khandan, Takao Terano: Framework, Platform and Trends for Sociomimetic Computing. Proc. SICE Annual Conference 2011, TeA06-10, pp. 1236-1241, 2011.
  32. 矢野雄大, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: 教育施策と評価に対するABSを用いたアプローチ. 計測自動制御学会第17回創発システム・シンポジウム「創発夏の学校2011」 講演資料集,pp.119-120, 2011.
  33. 内田瑛, 吉川厚, 寺野隆雄, 國上真章, 折田明子: マンガ教材の効果を測るペルソナ・コンジョイント法の提案. 計測自動制御学会第17回創発システム・シンポジウム「創発夏の学校2011」 講演資料集,pp.121-122, 2011.
  34. 村田悠也,高橋徹,山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: レーザープロジェクターを用いた投影型ARマーカーの提案. 計測自動制御学会第17回創発システム・シンポジウム「創発夏の学校2011」 講演資料集,pp.123-124, 2011.
  35. 木村幸平,山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: エージェント・ベース・モデルによる新製品開発における組織の成功と構成員の 役割についての考察. 計測自動制御学会第17回創発システム・シンポジウム「創発夏の学校2011」 講演資料集,pp.125-126, 2011.
  36. Tomomi Kobayashi, Satoshi Takahashi, Masaaki Kunigami, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: The Effect of Management Style Formalization with Growth of Organization - An Agent-Based Model. Proc. Knowledge Management in Organization 6-th Conference (KMO 2011). 20, 2011.
  37. Akiko Orita, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: Workshop on Business Case Studies Using Narrative Approach with MANGA Texts. Proc. Knowledge Management in Organization 6-th Conference (KMO 2011). Workshop, 2011.
  38. 吉川厚, 折田明子,國上真章,寺野隆雄: キーフレーズ発見法による組織評価. 経営情報学会2011年秋季全国研究発表大会講演論文集, H3-4, 2011.
  39. 折田明子,吉川厚, 寺野隆雄: グローバルな経営情報教育とマンガ教材ケースの可能性 -米国州立大学における実践を通じて 経営情報学会2011年秋季全国研究発表大会講演論文集, H1-4, 2011.
  40. 堀井理沙, 田中祐史,佐藤史章, 市川学, 寺野隆雄,木嶋恭一,出口弘: シミュレーション&ゲーミング学会
  41. 越山修, 國上真章, 吉川厚, 寺野隆雄: ビジネスゲーム学習者の行動プロセスの研究 -改良したパフォーマンスシートを用いて-」, シミュレーション&ゲーミング 21(2), pp. 81-95, 2011.
  42. Takao Terano, Atsushi Yoshikawa, Osamu Koshiyama: Computer Supported Business Gaming Simulator for Managers. Book of Abstracts (University of the Aegean-Department of Business Administration-). pp. 153-158, Oct 2011.
  43. Atsushi Yoshikawa, Akiko Orita, Takao Terano: Design of Situated Intelligence Training -A method for executive training using MANGA-. Book of Abstracts (University of the Aegean-Department of Business Administration-), pp. 205-210, Oct 2011.
  44. Akiko Orita, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: Conducting Situated Intelligence Training-Practices of executive training using MANGA-. Book of Abstracts (University of the Aegean-Department of Business Administration-), pp. 199-204, Oct 2011.
  45. 田中 祐史, 山本 学, 吉川 厚, 寺野 隆雄: 販売店の値引き戦略による消費者行動. Proc. JAWS 2011, Oct. 2011.
  46. 小林知巳, 高橋聡, 國上真章, 吉川厚, 寺野隆雄: 組織逸脱と改善の分岐条件とそのハーネシングに関するエージェント シミュレーション. 電子情報通信学会論文誌 VOL.J94-D No.11, pp. 1825-1835, November 2011.
  47. 越山修, 寺野隆雄: ビジネスゲームの参加者行動分析. 第4回横幹コンファレンス.1D2-2, 2011.
  48. 小林知巳, 高橋聡, 國上真章, 吉川厚, 寺野隆雄: 組織逸脱と改善の分岐条件とハーネシング. 第4回横幹コンファレンス.1D2-3, 2011.
  49. 寺野隆雄: 社会シミュレーション技術の動向と社会インフラシステム・デザインへの適用. 第4回横幹コンファレンス.2E1-1, 2011.
  50. 福本恭, 寺野隆雄: 電力地域エネルギーマネジメントの取組みとスマートシティを想定した シミュレーション技術の課題 第4回横幹コンファレンス.2E1-4, 2011.
  51. Prasanna Rajapakse, Takao Terano: Individuals' Power and the Learning and Innovation in Multi-Stakeholder Societies. Proc. ICIM 2011(8th Int. Confe on Innovation & Management), pp. 1-7, 2011.
  52. Na Chang, Takao Terano: Recommender Systems Based on Doubly Structural Network. Proc. ICIM 2011(8th Int. Confe on Innovation & Management), pp. 975-981, 2011.
  53. Takao Terano: Agent-Based Modeling: Introduction and Perspective. Proc. ICIM 2011 (8th Int. Confe on Innovation & Management), pp. 1003-1009, 2011.
  54. 田中 祐史, 山本 学, 吉川 厚, 寺野 隆雄: ABSによる顧客間相互作用がロイヤリティ形成に与える影響の分析. 情報社会学会第4回知識共有ワークショップ論文集. pp.49-52, 2011.

    2010年

  1. I-Hong Kuo, Shi-Jinn Horng, Tzong-Wann Kao, Tsung-Lieh Lin, Cheng-Ling Lee, Takao Terano, Yi Pan: An Efficient Flow-Shop Scheduling Algorithm Based on a Hybrid Particle Swarm Optimization Model. Expert Systems with Applications, Vol.36, Issue 3, Part 2, pp. 7027-7302, April 2009.
  2. Wei-Hung Lin, Shi-Jinn Horng, Tzong-Wann Kao, Rong-Jian Chen, Yuan-Hsin Chen, Cheng-Ling Lee, Takao Terano: Image Copyright Protection with Forward Error Correction. Expert Systems with Applications, Vol. 36, Issue 9, pp. 11888-11894, November 2009.
  3. Yuan-Hsin Chen, Shi-Jinn Horng, Ray-Shine Run, Jui-Lin Lai, Rong-Jian Chen, Wei-Chih Chen, Yi Pan, and Terano Takao, A Novel Anti-collision Algorithm in RFID Systems for Identifying Passive Tags, IEEE Transactions on Industrial Informatics (SCI 2/33, 2.356), Vol. 6, No.1, Feb. 2010, pp. 105-121.
  4. I-Hong Kuo, Shi-Jinn Horng, Tzong-Wann Kao, Tsung-Lieh Lin, Cheng-Ling Lee, Yuan-Hsin Chen, Yi Pan, and Terano Takao, A hybrid swarm intelligence algorithm for the traveling salesman problem, Expert Systems (SCI 60/85, 0.707), 2009.
  5. 小西憲治,寺野隆雄: ITプロジェクトで失敗要因の解決者となるエージェントの特性 ―事例からエージェントの特性を分析する-. 第16回社会情報システム学シンポジウム. 6-3, 2010.
  6. 西田理朗,山田隆志,吉川厚,寺野隆雄: 地域間異動を考慮したSugarscapeモデルによる社会現象の創発. 計測自動制御学会第22回自律分散システム・シンポジウム資料, pp.231-234, 2010.
  7. Khandan, Hamed,寺野 隆雄: 自律分散エージェントの協調による問題解決方法の提案. 第158回情報処理学会「知能と複雑系研究会」, 2010年3月.
  8. 神澤篤啓,山田隆志,山本学,吉川厚,寺野隆雄: エージェントシミュレーションによる教員配置の効果分析. 人工知能学会「先進的学習科学と工学研究会(第58回)」, pp. 11-18, 2010年3月.
  9. 高橋徹,生田目美紀,楠房子,寺野隆雄: Puppet Laser Show: 人形とレーザーがインタラクションする人形劇. 情報処理学会インタラクション2010論文集,SB32、2010年3月.
  10. 佐野真理,山田隆志,吉川厚,松田昇,寺野隆雄: 教えることで学ぶ学習手法の検討-誤りの気付きっと数学学習-. 教育システム情報学会2010年春JSiSE学生研究発表会,pp.257-258, 2010年3月.
  11. Khan,M. Badruddin, Terano, T.: Assessing Steel Plant Operation Conditions Using Data Mining Techniques. 計測自動制御学会第37回知能システムシンポジウム資料,16C1-2, pp. 105-110, 2010年3月.
  12. 文健哲,菊田剛,寺野隆雄:国内書籍販売の先行指標としてのBlog情報の活用. Direct Marketing Review, Vol. 9, pp. 33-48, 2010.
  13. Yamashita, Y., Takahashi, H., Terano, T.: Learning a Selection Problem of Investment Projects and Capital Structure through Business Game. Intelligent Decision Technologies - An International Journal, Vol. 4, No., 2, pp. 159-167, 2010.
  14. Kitazawa, M., Takahashi, M., Yamada, T., Yoshikawa, A., Terano, T.: How Do Customers Move in a Supermarket? -Analysis by Real Observation and Agent Simulation-. Proc. the 3rd Japan-China Joint Symposium on Information Systems, 2010, pp. 23-26, 2010.
  15. Konishi, K., Yamada, T., Yoshikawa, A., Terano, T.: Social Networks of Members of Software Development Projects. Proc. the 3rd Japan-China Joint Symposium on Information Systems, 2010, pp. 93-98, 2010.
  16. 越山修, 鈴木久敏, 吉川厚, 寺野隆雄: ビジネスゲーム開発プロセスの改善―フレームワークと評価方法の提案―, シミュレーション&ゲーミング, Vol. 19, No. 2, pp. 145-156, 2009.
  17. Yamamoto, H., Terano, Takao, et al.: Workshop on Business Case Studies Using Narrative Approach with MANGA Texts. 23rd Annual IEEE-CS Conference on Software Engineering Education and Training (CSEET2010), Mar., 9th-12th, 2010.
  18. Masahiro Toriyama, Takamasa Kikuchi, Chao Yang, Takashi Yamada, Takao Terano: Who is a Key Person to Transfer Knowledge in a Business Firm -Agent-Based Simulation Approach-. Proc. 5th Knowledge Management in Organizations (KIMO 2010), pp. 41-51, 2010.
  19. 山下泰央,高橋大志,寺野隆雄: ビジネスゲームによる年金負債を考慮した資産運用の学習. 経営情報学会2010年春季全国研究発表大会講演集, 受付番号:100050 / 講演番号:E1-3 /2010.
  20. 文健哲,菊田剛,山田隆志,吉川厚,寺野隆雄: 芥川賞・直木賞が受賞作品の売上とBlog上に与える影響に関する研究. 経営情報学会2010年春季全国研究発表大会講演集, 受付番号:100006 / 講演番号:F2-1 /2010.
  21. 高橋聡, 山田隆志, 吉川厚, 寺野隆雄: 二重ネットワークを用いた言語変化. 第24回人工知能学会全国大会講演予稿集, 1C4-4,2010.
  22. Mhd Irvan, Takashi Yamada, Takao Terano: Is XCS approach good for Organizational-Learning Oriented Classifier Systems? 第24回人工知能学会全国大会講演予稿集, 1C5-2, 2010.
  23. 菊田剛, 文健哲, 山田隆志, 吉川厚, 寺野隆雄: データマイニング手法を利用した書籍POSデータの解析. 第24回人工知能学会全国大会講演予稿集, 2A3-2, 2010.
  24. 北澤正樹, 高橋雅和, 山田隆志, 吉川厚, 寺野隆雄: RFID技術による小売店販売シミュレーターの顧客回遊行動の分析. 第24回人工知能学会全国大会講演予稿集, 2C1-1, 2010.
  25. Hasnat Elias Mohammad Abu, Takashi Yamada, Takao Terano: Modeling Minority Game Problem using Holonic MAXCS. 第24回人工知能学会全国大会講演予稿集, 2C1-2, 2010.
  26. 吉澤小百合, 吉川厚, 寺野隆雄: 英作文授業におけるピアリヴュー活動. 第24回人工知能学会全国大会講演予稿集, 3F4-2, 2010.
  27. 佐野真理, 松田昇, 吉川厚, 寺野隆雄: 学習者と誤りをおかすソフトウェアエージェントの協調による数学学習システム. 第24回人工知能学会全国大会講演予稿集, 3F4-3, 2010.
  28. 山下泰央, 高橋大志, 寺野隆雄: 年金負債を考慮したビジネスゲームによる資産運用の学習. 第24回人工知能学会全国大会講演予稿集, 3H1-OS12a-1, 2010.
  29. 陳章龍, 高橋大志, 山田隆志, 吉川厚, 寺野隆雄: U-Martシステムを用いた先物取引き最良執行戦略の探索. 第24回人工知能学会全国大会講演予稿集, 3H2-OS12b-1,2010.
  30. Hideo Yamamoto, Atsushi Yoshikawa, Akiko Orita, Mikako Ogawa, Takao Terano: Business Case Study Using Narrative Approach with MANGA Texts. Case Studies in Service Innovation, June 14th/15th, 2010.
  31. 文健哲,菊田剛,寺野隆雄: 国内書籍販売の先行指標としてのBlog情報の活用. 日本ダイレクトマーケティング学会第9回全国研究発表大会報告要旨, pp.13-15, 2010.
  32. 高橋徹, 生田目美紀, 楠房子, 小野功, 寺野隆雄: レーザーショーデバイスを用いた聴覚障害者向けの工学学習の方法とその評価. 科学教育研究, Vo. 34, No.2, pp. 117-127, 2010.
  33. 堀田大輔, 越山修, 山田隆志,吉川厚, 山本秀男, 寺野隆雄: 気づきを誘発する他者支援推薦方法―ナラティブ教材を使って. 科学教育研究, Vo. 34, No.2, pp. 154-166, 2010.
  34. Chao Yang, Setsuya Kurahashi, Isao On, and Takao Terano: Pattern-Oriented Inverse Simulation for Analyzing Family Strategies in Civil Service Examination in Imperial China. GECCO'2010 Workshop on (ECoMASS2010), 2010.
  35. Geun Chol Moon, Go Kikuta, Takashi Yamada, Atsushi Yoshikawa and Takao Terano: Categorization of Sales Patterns to Use Blog Information as Book Sales Prediction. Proc. Int. Conf. on E-Commerce (ICEC2010), pp. 1-7, 2010.
  36. Bin JIANG, Rio NISHIDA, Chao YANG, Takashi YAMADA, Takao TERANO: Agent-Based Modeling for Analyzing Labor Migration in Economic Activities. Proc. SICE Annual Conference 2010, August 18-21, 2010, The Grand Hotel, Taipei, Taiwan, TB03-4, pp. 567-572, 2010.
  37. Hasnat Elias Mohammad Abu, Takashi Yamada, Takao Terano: Holonic MAXCS and its Application to Hot Strip Roller Scheduling. Proc. SICE Annual Conference 2010, August 18-21, 2010, The Grand Hotel, Taipei, Taiwan, FA16-7, pp. 3445-3448, 2010.
  38. 寺野隆雄:中国科挙史とエージェント・シミュレーション. 第16回創発シンポジウム-創発夏の学校2010- 招待講演、2010.
  39. Masaaki Kunigami, Masato Kobayashi, Satoru Yamadera, Takashi Yamada, Takao Terano: A Doubly Structural Network Method and Analysis on the Emergence of Money. in K. Takadama, C. Cioffi-Revilla, G. Deffuant (eds.): Simulating Interacting Agents and Social Phenomena, The Second World Congress, Springer, 2010.
  40. Tomomi Kobayashi, Satoshi Takahashi, Masaaki Kunigami, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: Unifying Organizational Deviation and KAIZEN Activities - An Agent Based Model. Ernst, A. & Kuhn, S. (Eds.)(2010). Proceedings of the 3rd World Congress on Social Simulation WCSS2010 (CD-ROM).
  41. Hiroshi TAKAHASHI, Satoru TAKAHASHI, Takao TERANO: Analyzing the Influence of Fundamental Indexation on Financial Markets through Agent-Based Modeling. Ernst, A. & Kuhn, S. (Eds.)(2010). Proceedings of the 3rd World Congress on Social Simulation WCSS2010 (CD-ROM).
  42. Bin JIANG, Chao YANG, Takashi YAMADA, Takao TERANO: Why People Migrate? - Agent-Based Modeling with Active Brownian Particles ? Ernst, A. & Kuhn, S. (Eds.)(2010). Proceedings of the 3rd World Congress on Social Simulation WCSS2010 (CD-ROM).
  43. 小西憲治,寺野隆雄: 社会ネットワーク理論に基づくITプロジェクトの失敗要因の分析. 2010年日本社会情報学会(JASI&JSIS)合同研究大会,pp. 243-248, 2010.
  44. 高橋徹,生田目美紀,楠房子,小野功,寺野隆雄: 実践事例から考える聴覚障害者向けの拡張現実感の利用. 日本科学教育学会年会論文集34,2B2-G2,pp. 155-156, 2010.
  45. 寺野隆雄,吉川厚,山本秀男,折田明子,小川美香子: マンガで学ぶビジネス-海外ワークショップ報告- 日本科学教育学会年会論文集34,2B2-H1,pp. 165-166, 2010.
  46. 吉川厚,寺野隆雄,折田明子,山本秀男,小川美香子: マンガを使った教え方-新人訓練用教材を使って- 日本科学教育学会年会論文集34,2B2-H4,pp. 173-174, 2010.
  47. Yoshizawa, S., Yoshikawa, A., Terano, T.: "Are Peer Review Activities Good for English-as-a-Foreign-Language Classes?" Proc. of the 7th Int. Conf. on Cognitive Science(ICCS 2010), Beijing, pp. 407-408, 2010.
  48. 吉澤 小百合,吉川 厚,寺野 隆雄: 第二言語習得におけるピアリヴュー効果の分析. 日本認知科学会第27回大会発表論文集,P2-15, 2010.
  49. 寺野隆雄, Hasnat Elias Mohammad Abu: 学習分類子システムを用いた操業スケジューリング知識の獲得. 材料とプロセス-鉄鋼協会第160回秋季講演大会, CAMP-ISIJ Vol.23, pp. 638-639, 2010.
  50. 高橋聡, 小林知巳, 國上真章, 山田隆志, 山本学, 吉川厚, 寺野隆雄: 多様な構成員による組織のシミュレーションにおける進化計算技術の適用. 人工知能学会進化計算フロンティア研究会資料, SIG-ECF 2010.
  51. 寺野隆雄: なぜ社会システム分析にエージェント・ベース・モデリングが必要か. 横幹, Vol. 4, No.2, pp. 56-62, 2010.
  52. M. Namatame, F. Kusunoki, T. Takahashi, T. Terano: Enjoying a Puppet Show with Hearing-Impaired People through MANGA Visualization Method. IADIS International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age (CELDA 2010), pp. 305-306, 2010.
  53. Akiko Orita, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: Making a Complex MANGA Case for Learning in Practice: Embedding Awareness, Experience and Knowledge in the Description. IADIS International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age (CELDA 2010), pp. 307-308, 2010.
  54. 高橋聡,小林知巳,國上真章,山田隆志,山本学,吉川厚,寺野隆雄: 多様な構成員による組織のデザインとパフォーマンスのシミュレーション. Proc. JAWS2010 L-3, 2010.
  55. 小林知巳,高橋聡,國上真章,吉川厚,寺野隆雄: 組織逸脱と改善の分岐現象とそのハーネシングに関するエージェントシミュレーション. Proc. JAWS2010 S-1, 2010.
  56. Mhd Irvan, Takashi Yamada, Takao Terano: Dynamic Security Patrol Routing: An LCS Approach. Proc. JAWS2010 X-3, 2010.
  57. Masaaki KUNIGAMI, Masato KOBAYASHI, Satoru YAMADERA, Takashi YAMADA, Takao TERANO,"A Doubly Structural Network Model: Bifurcation Analysis on the Emergence of Money", Evolutionary and Institutional Economics Review, Vol.7 No.1, pp.65-85, 2010. [J-STAGE]
  58. Yasuo Kadono, Takao Terano, Yuya Ohkuma: Assessing the Current and Future Structures of Software Industries in Japan through Agent-based Simulation. Proc. Computational Social Science Society (CSSS-2010) 2-5, 2010.
  59. Takao Terano: Computing Social Systems through Agent-Based Modeling. 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会(SSI2010), 3G1-1, 2010.
  60. Sayuri YOSHIZAWA, Takao TERANO, Atsushi YOSHIKAWA: "Analyzing the Effects of Peer Review Activities in the EFL Writings," Proc. The 18th International Conference on Computers in Education (ICCE 2010), pp. 738-742, 2010.
  61. 小林 知巳, 高橋 聡, 國上真章, 吉川厚, 寺野 隆雄: オンラインコミュニティにおける効用相反とそのハーネシングに関するエージェントシミュレーション. 情報社会学会 第3回知識共有コミュニティワークショップ.2010.
  62. Hamed Khandan, Takao Terano: "Toward Crowd-Sourcing Social Intelligent Agents: Kowledge Request-Broker System and Its Implementation," Proc. the 2nd Int. Conf. on Data Mining and Intelligent Technology Applications (ICMIA 2010), pp. 399-403, 2010.
  63. Hamed Khandan, Takao Terano: "Knowledge Request-Broker Architecture: A Platform for Social Computational Intelligence," International Journal of Energy, Information and Communications (IJEIC), Vol. 1, No. 1, pp. 1-15, 2010.
  64. Hiroshi Takahashi, Takao Terano: "Agent-Based Modeling Bridges Theory of Behavioral Finance and Financial Markets," in Shu-Heng Chen, Yasushi Kambayashi, Hiroshi Sato (Eds.), Multi-Agent Applications with Evolutionary Computation and Biologically Inspired Technologies, Chapter 8, IGI Global, pp.134-154, 2010.
  65. Hamed Khandan, Takao Terano: "Synthetic Design of A Social Regressor and Its Implementation Using Knowledge Request-Broker Architecture," Proceedings of the World Congress on Nature and Biologically Inspired Computing (NaBIC2010) pp. 194-200, 2010.
  66. 寺野隆雄: シミュレーションで社会をみる-組織の不祥事、金融市場の変化、ゆとり教育-. The World Congress on Nature and Biologically Inspired Computing (NaBIC2010) 公開市民講座,2010年12月.
  67. 小林知巳, 高橋聡, 國上真章, 吉川厚, 寺野隆雄: オンラインコミュニティにおける効用相反とそのハーネシングに関するエージェントシミュレーション. 情報社会学会-第3回知識共有コミュニティワークショップ-, pp. 11-20, 2010.
  68. 寺野隆雄: 巻頭言:シミュレーションで社会を知る. 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), Vol.22, No. 2, p.1, 2010年4月.
  69. 吉澤 小百合,吉川 厚,寺野 隆雄: 正規化圧縮距離の利用による英作文ピアリヴュー効果の予測可能性. 人工知能学会先進的学習科学と工学研究会資料, SIG-ALST-B001, pp. 7-12, 2010年7月.

2009年

  1. Chao Yang, Setsuya Kurahashi, Keiko Kurahashi, Isao Ono, and Takao Terano: "Agent-Based Simulation on Women's Role in a Family Line on Civil Service Examination in Chinese History" Journal of Artificial Societies and Social Simulation vol. 12, no. 2, (2009) [JASSS]
  2. 中川裕司,山田隆志,寺野隆雄,吉川厚: 問題の複雑性に着目した知識伝播モデルへの影響分析. 人工知能学会研究会資料・知識ベースシステム研究会(第85回) テーマ:「社会システムと知能」, SIG-KBS-A804, pp.47-52,2009.
  3. 佐藤和希, 高橋徹, 山田隆志,寺野隆雄: エージェント技術に基づく駅構内の群歩行, シミュレーション.人工知能学会研究会資料・知識ベースシステム研究会(第85回) テーマ:「社会システムと知能」SIG-KBS-A804, pp.81-86,2009.
  4. 岸本有之, 高橋徹,高橋雅和,山田隆志,津田和彦,寺野隆雄: エージェント・シミュレーションによる店舗内顧客行動と販売促進策の分析. 人工知能学会研究会資料・知識ベースシステム研究会(第85回) テーマ:「社会システムと知能」,SIG-KBS-A804,pp.87-92,2009.
  5. 横川大,山田隆志,寺野隆雄: エージェントシミュレーションによる産業集積におけるものづくりシステムの分析. 人工知能学会研究会資料・知識ベースシステム研究会(第85回) テーマ:「社会システムと知能」, SIG-KBS-A804, pp.95-100,2009.
  6. 堀田大輔,越山修,山田隆志,吉川厚,山本秀男,寺野隆雄: マンガ教材における気づきを促進する他者視点推薦手法とその評価. 人工知能学会研究会資料・先進的学習科学と工学研究会(第55回), SIG-ALST-A803,pp.17-22,2009.
  7. 菊地剛正,鳥山正博,山田隆志,寺野隆雄: エージェントシミュレーションを用いた組織構成員の認知変化と組織構造の適応化. 計測自動制御学会第36回知能システムシンポジウム資料,pp.353-358, 2009.
  8. 寺野隆雄: 社会を計算するエージェント・シミュレーション. 第53回システム制御情報学会研究発表講演会,F43-1, pp.685-686, 2009.
  9. 堀田 大輔, 越山 修, 山田 隆志, 吉川厚,山本 秀男, 寺野 隆雄: 気づきを誘発する他者の視点の推薦方式の検討-マンガ教材を題材として- 国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会誌, Vol.3, No. 2, pp.77-86,2009.
  10. 寺野隆雄,松井藤五郎,和泉潔: 特集「ファイナンスにおける人工知能応用」にあたって. 人工知能学会誌,Vol. 24, No. 3, pp. 373-375, 2009.
  11. 高橋大志,寺野隆雄: エージェントシミュレーションが行動ファイナンス理論と実市場をつなぐ. 人工知能学会誌:特集「ファイナンスにおける人工知能応用」, Vol. 24, No. 3, pp. 392-399, 2009.
  12. Masato Kobayashi, Masaaki Kunigami, Satoru Yamadera, Takashi Yamada, and Takao Terano: How a Major Mileage Point Emerges through Agent Interactions using Doubly Structural Network Model. A. Namatame, et al. (Eds.): Proc. AAMAS International Workshop on Emergent Intelligence on Networked Agents (WEIN'09), pp. 20-27, 2009.
  13. Y. Yamashita, H. Takahashi, and T. Terano: Learning a Selection Problem of Investment Projects and Capital Structure through Business Game. In K. Nakamatsu, et al., (eds.): Proc. 1st KES symposium on New Advances in Intelligent Decision Technonogies (IDT 2009) Springer SCI 199, p. 41- 50, 2009.
  14. M. Kobayashi, M. Kunigami, S. Yamadera, T. Yamada, and T. Terano: Simulation Modeling of Emergence-of-Money Phenomenon by Doubly Structural Network. In K. Nakamatsu, et al., (eds.): Proc. 1st KES symposium on New Advances in Intelligent Decision Technonogies (IDT 2009) SPringer SCI 199, pp. 585-594, 2009.
  15. 國上真章, 小林正人, 山寺智, 寺野隆雄: 複雑 2 重ネットワークモデルによる貨幣の創発現象の分析. 情報処理学会論文誌: 数理モデル化と応用(TOM)Vol. 2, pp. 57-69, 2009.
  16. 岸本 有之 高橋 徹 高橋 雅和 山田 隆志 津田 和彦 寺野 隆雄: エージェント・シミュレーションによる店舗内顧客行動と販売促進策の分析. 2009年度 人工知能学会全国大会(第23回)論文集 1E1-OS10-11, 2009.
  17. 高橋徹, 山田隆志, 寺野隆雄: PSOを用いた集合知のモデル. 2009年度 人工知能学会全国大会(第23回)論文集 1H3-4, 2009.
  18. 菊地剛正, 鳥山正博, 山田隆志, 寺野隆雄: エージェントシミュレーションを用いた組織構造最適化の研究. 2009年度 人工知能学会全国大会(第23回)論文集 1H-3-1, 2009.
  19. 山下泰央, 高橋大志, 寺野隆雄: ビジネスゲームによる投資選択と資本構成決定問題の学習 2009年度 人工知能学会全国大会(第23回)論文集 3G3-OS12-9 , 2009.
  20. 海野一則, 山田隆志, 寺野隆雄: 株価データからのマーケット・センチメントの予測とトレードへの応用. 2009年度 人工知能学会全国大会(第23回)論文集 3G3-OS12-8, 2009.
  21. Toru Takahashi, Takashi Yamada, and Takao Terano: Simulating Information Transmission Mechanisms on a Network through Particle Swarm Optimization, Proc. 2009 Ninth Annual International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2009) pp. 292-293, 2009.
  22. Khan Muhammad Badruddin, Takashi Yamada, Takao Terano: Comparison of Different Decision Making Strategies by Simulation on Variant of “Snakes and Ladders Board Game”. Proc. ICROS-SICE Int. Joint. Conf., 3I01-6pp. 5370-5375, 2009.
  23. Chao YANG, Toru TAKAHASHI, Takashi YAMADA, Setsuya KURAHASHI, Isao ONO, Takao TERANO: Pattern-Oriented Agent-Based Simulation for Analyzing Family Strategies in Civil Service Examination in Imperial China. Proc. ICROS-SICE Int. Joint. Conf., 3I01-6pp. 5121-5126, 2009.
  24. Akira Kamoshida,Takao Terano, Jiang Bin, Hasnat Elias: Development of a Multi-Agent Simulator (SCIM) and Its Application to Customer Services of Car Dealer. Proc. 1st Int. Conf. on Service and Innovation, 3A-2, 2009.
  25. Chao Yang, Toru Takahashi, Bin Jiang, Isao Ono, Setsuya Kurahashi, Takao Terano: A Grid-Oriented Social SImulation Framework for Large Scale Agent-Based Modeling, Proc. 6-th Conference of European Social Simulation Association (ESSA 2009), 2009. Guildford (2009).
  26. Takahashi, T., Namatame, M., Kusunoki, F., Terano, T., Big Fat Wand: A Pointing Device for Open Space Edutainment. in Nijholt, A., Reidsma, D., Hondorp, H., (eds.), Intelligent Technologies for Interactive Entertainment: Third International Conference, INTETAIN 2009, Amsterdam, The Netherlands, June 22-24, 2009, Proceedings (Lecture Notes of the Institute for Computer Sciences, Social-Informatics and Telecommunications Engineering) (LNICST 9), pp.240-245, Springer, Berlin, 2009.
  27. 高橋徹,生田目美紀,楠房子,小野功,寺野隆雄: 聴覚障害者のための課外授業デザインの提案と実践, 日本科学教育学会第33回年会,1B1-D5, pp. 93-94(2009).
  28. Takahashi, T., Namatame, M., Kusunoki, F., Ono, I., Terano, T.: A Handy Laser Show System for Open Space Entertainment. in Natkin, S., Dupire, J. (eds.), Entertainment Computing: 8th International Conference, ICEC 2009, Paris, France, September 3-5, 2009, Proceedings (Lecture Notes in Computer Science/ Information Systems and Applications, incl. Internet/Web, and HCI) (LNCS 5709), pp.311-312, Springer, Berlin, 2009.
  29. T. Terano, A. Kishimoto, T. Takahashi, T. Yamada, and M. Takahashi: Agent-Based In-Store Simulator for Analyzing Customer Behaviors in a Super-Market. J.D. Velasquez et al. (Eds.): Proc. KES 2009, Part II, LNAI 5712, pp. 244-251, 2009.
  30. M. Takahashi, K. Tsuda, and T. Terano: Extracting the Potential Sales Items from the Trend Leaders with the ID-POS Data. J.D. Velasquez et al. (Eds.): Proc. KES 2009, Part II, LNAI 5712, pp. 285-292, 2009.
  31. 越山 修, 吉川 厚, 寺野 隆雄: 学習者の行動分析に基づいたビジネスゲーム実践の評価. 教育情報システム学会論文誌, Vol. 23, NO. 3, pp. 252-263, 2009年9月.
  32. 山下泰央,高橋大志,寺野隆雄: ビジネスゲームによる投資と資本構成選択問題の学習. 電子情報通信学会誌, Vol.J92-D,No.11, pp.1911-1918, Nov. 2009.
  33. 菊地剛正,鳥山正博,山田隆志,寺野隆雄: エージェントシミュレーションを用いた組織構造最適化の研究 -スキーマ認識モデル-. 電子情報通信学会誌, Vol.J92-D, No.11, pp.1919-1926, Nov. 2009.
  34. 山下泰央, 高橋大志, 寺野隆雄: ビジネスゲームによる債務を考慮した年金資産運用の学習. Proc. of Joint Agent Workshops and Symposium 2009 (JAWS 2009), pp. 497-504, 2009
  35. 神澤篤啓, 山田隆志, 吉川厚, 寺野隆雄: エージェントシミュレーションによる教育政策と社会制度の分析. Proc. of Joint Agent Workshops and Symposium 2009 (JAWS 2009), pp. 606-611, 2009
  36. ZhangLong Chen,Hiroshi Takahashi,Takashi Yamada, Atsushi Yoshikawa, Takao Terano: Exploring Trade Execution Strategies through U-Mart Simulation Experiments. Proceedings of the 9th Asia-Pacific Complex Systems Conference, pp. 56-59, 2009.
  37. 山下泰央, 高橋大志, 寺野隆雄: 投資と資本構成選択問題のビジネスゲームによる学習. 2009 年日本社会情報学会(JSIS & JASI)合同研究発表大会, 2009 年9 月12 日~13 日 新潟大学
  38. 小西憲治, 寺野隆雄: 事例に基づくIT プロジェクトの失敗要因の分析:媒介代理人の存在に注目して. 2009 年日本社会情報学会(JSIS & JASI)合同研究発表大会, 2009 年9 月12 日~13 日 新潟大学
  39. 文 健哲, 菊田 剛, 寺野 隆雄: ブログ情報を活用した書籍の売り上げ予測手法の提案. 経営情報学会2009年秋季全国研究発表大会論文集,2009.
  40. 陳章龍, 高橋徹, 山下泰央, 高橋大志, 吉川厚, 寺野隆雄, "エージェントシミュレーションによる最良執行戦略の探索: 先物市場による分析," 第15回創発システム・シンポジウム「創発夏の学校 2009」講演資料集, pp. 101-102, 2009.
  41. 菊田剛, 山田隆志, 寺野隆雄, "エージェントベースシミュレーションを用いたコミックマーケットにおける混雑シミュレーションの構想," 第15回創発システム・シンポジウム「創発夏の学校 2009」講演資料集, pp. 103-104, 2009.
  42. 高橋聡, 山田隆志, 吉川厚, 寺野隆雄, "Enron メールデータに関する社会ネットワーク手法の適用," 第15回創発システム・シンポジウム「創発夏の学校 2009」講演資料集, pp. 123-124, 2009.
  43. 坂田顕庸, 高橋徹, 寺野隆雄, "対話型 PSO の提案," 第15回創発システム・シンポジウム「創発夏の学校 2009」講演資料集, pp. 125-126, 2009.
  44. 大熊裕哉, 山田隆志, 寺野隆雄, "U-Mart 取引による注文価格分布の調査," 第15回創発システム・シンポジウム「創発夏の学校 2009」講演資料集, pp. 159-160, 2009.
  45. Satoh, K., Takahashi, T., Yoshikawa, A., Terano, T., "Evacuation behaviors in an emergency station by agent-based approach," Proceedings of IADIS International Conference Intelligent Systems and Agents 2009, CD-ROM, 2009.
  46. Nishida, R., Terano, T., "Identification of Voting with Individual’s Feet through Agent-Based Modeling," Proceedings of The Sixth International Workshop on Agent-based Approaches in Economic and Social Complex Systems (AESCS 2009), pp. 286-295, 2009.
  47. Terano, T., Kishimoto A., Takahashi, T., "Investigating Retail Sales Operations Through Agent-Based In-Store Simulator," 2009 Frontiers in Service Conference, C-2-3, p. 30, Oct. 29-Nov.1, Honolulu, 2009.
  48. Takahashi, M., Tsuda, K., Terano, T., "Assessing Trend Leaders in Retail Business through Dual-directed Recommendation System," 2009 Frontiers in Service Conference, C-8-8, p. 113, Oct. 29-Nov.1, Honolulu, 2009.
  49. Kamoshida, A., Terano, T., Bin, J., Hasnat Elias, "Study on Design Optimization for Customer Services of Car Dealer - Development of Multi-Agent Simulator (SCIM) and its Field Result for Actual Car Sales Service Front," 2009 Frontiers in Service Conference, C-10-10, p. 140, Oct. 29-Nov.1, Honolulu, 2009.
  50. 小野功, 濱田直希, 寺野隆雄, 岡本正宏, 倉橋節也, "プロダクションクラスタ利用型グリッドのためのGAフレームワーク/実行環境の提案," 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2009講演論文集, pp. 522-527, 2009.
  51. 山下泰央,高橋大志,寺野隆雄: "コンピュータ上の金融市場における投資教育についての研究," 第3回 横幹連合コンファレンス,予稿集,1N3-1,2009年12月.
  52. 楊超,高橋徹,倉橋節也,寺野隆雄: "グリッド向け社会シミュレーションフレームワークの提案," 第3回 横幹連合コンファレンス,予稿集,1N3-3,2009年12月.
  53. 鳥山正博,菊地剛正,高橋徹,寺野隆雄: "エージェント・シミュレーションで最適な組織を知る," 第3回 横幹連合コンファレンス,予稿集,1N3-5,2009年12月.
  54. 寺野隆雄: "社会システムになぜエージェントを使うか," 第3回 横幹連合コンファレンス,予稿集,2C1-1,2009年12月.
  55. Ohdaira, T., Terano, T., "Cooperation in the Prisoner's Dilemma Game Based on the Second-Best Decision", Journal of Artificial Societies and Social Simulation 12 (4) 7, 2009 [JASSS]

2008年

  1. Chao Yang, Takashi Yamada, Takao Terano: Simulating the Effect of Task Environments and Task Scheduling on Team Performance. 第14回社会情報システム学シンポジウム学術講演論文集, pp. 53-58, 2008年1月.
  2. 小林正人,國上 真章, 山寺 智, 山田隆志,寺野 隆雄: 複雑二重ネットワークモデルによる貨幣の創発に関するエージェント・シミュレーション. 第14回社会情報システム学シンポジウム学術講演論文集, pp. 145-150, 2008年1月.
  3. 高橋 徹,生田目 美紀,楠 房子,小野 功,寺野 隆雄: Big Fat Wand:可搬型レーザープロジェクタ. インタラクション2008, ポスター発表.
  4. Takao Terano, Takashi Yamada, Masakazu Takahashi, Toshiyuki Nakao, Ariyuki Kishimoto, Masaru Yokokawa: Toward Agent-Based Simulation on Marketing Behaviors for Service Science Studies. 3rd International Nonlinear Sciences Conference (INSC 2008) -Application in Behavioral, Social & Life Sciences-, Chuo University, Faculty of Commerce, pp. 15-16, 2008.
  5. 小野功,寺野隆雄,岡本正宏: グリッド向け遺伝的アルゴリズムフレームワーク2の提案. 計測自動制御学会第35回知能システムシンポジウム資料,pp.154-159,2008年3月.
  6. 岸本有之,高橋雅和,中尾俊行,山田隆志,寺野隆雄: エージェント・ベース・シミュレーションによる小売店舗内推薦方法の検討. 計測自動制御学会第35回知能システムシンポジウム資料,pp.210-213,2008年3月.
  7. 菊地剛正,中川裕司,鳥山正博,山田隆志,寺野隆雄: エージェントシミュレーションを用いた企業組織のビジネス環境認識モデル. 計測自動制御学会第35回知能システムシンポジウム資料,pp.214-217,2008年3月.
  8. 堀田大輔,越山修,山田隆志,吉川厚,山本秀男,寺野隆雄: マンガ教材における学習者の視点と解釈の分析. 第52回人工知能学会先進的学習科学と工学研究会資料(SIG-ALST),2008年3月.
  9. 越山修,吉川厚,寺野隆雄: プロトコル分析によるビジネスゲームプレイヤの理解の抽出. 第2回 エンターテイメントと認知科学シンポジウム,2008年3月.
  10. Takao TERANO: Doubly Structured Network Model for Social Simulation. International Conference of Socionetwork Strategies and Policy Grid Computing 2008, pp.9-10,2008年3月
  11. Yasuo Yamashita, Hisoshi Takahashi, Takao Terano: Approach to Learning Financial Theory through Business Gaming. Proc. 1st Japan-China Joint Symposium on Information Systems (JCIS 2008), pp. 107-112, April 2008.
  12. Chao Yang, Bin Jiang, Takashi Yamada, Takao Terano: Agent-Based Simulation for Organizational Forms Comparison. Proc. 1st Japan-China Joint Symposium on Information Systems (JCIS 2008), pp. 113-118, April 2008.
  13. Masato Kobayashi, Masaaki Kunigami, Satoru Yamadera, Takashi Yamada, Takao Terano: Analyzing a Mileage Point Exchange System through Doubly Structural Networ Model. Proc. 1st Japan-China Joint Symposium on Information Systems (JCIS 2008), pp. 119-123, April 2008.
  14. Takayuki Mizuno, Masahiro Toriyama, Takao Terano, Misako Takayasu: Pareto law of the expenditure of a person in convenience stores, Physica A 387, 3931-3935, 2008. [arXiv:0710.1432]
  15. 小野功, 楊超, 岡本正宏, 寺野隆雄, 倉橋節也: グリッド向けGAフレームワークによる逆シミュレーション手法の高速化. 第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 2F3-4,pp. 233-234, 2008年5月.
  16. 鈴木克弘,山田隆志,寺野隆雄: エージェントシミュレーションによる人事制度と知識伝播の分析. 第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 2F3-8,pp. 241-242, 2008年5月.
  17. Toru Takahashi, Miki Namatame, Fusako Kusunoki, Isao Ono, Takao Terano: A Laser Show Device Works in An Open Space for Hearing-Impaired Students Proc. Asia Modeling Symposium (AMS 2008), F-12,pp.385-389, 2008.
  18. Setsuya Kurahashi, Takao Terano: Historical Simulation: A Study of Civil Service Examinations, The Family Line and Cultural Capital in China. Advances in Complex Systems (ACS) ,Vol.11, No. 2, pp. 187-198 (April 2008) [World Scientific]
  19. 寺野隆雄, 倉橋節也,大塚雄吉,久川雅志: 学会員の知を結ぶ学会活動支援システム. 横幹, Vol.2, No. 1, pp. 32-39, 2008.
  20. 國上真章, 小林正人, 山寺智, 山田隆志, 寺野隆雄: 複雑二重ネットワークによる貨幣の創発現象, 人工知能学会第22回全国大会,2C3-03,2008年6月.
  21. 松山科子, 國上真章, 寺野隆雄: 複雑二重ネットワークを用いた情報流通の分析, 人工知能学会第22回全国大会,2C2-03,2008年6月.
  22. 横川大, 山田隆志, 寺野隆雄: エージェント・シミュレーションによる中小企業工業集積の分析, 人工知能学会第22回全国大会,2P2-1,2008年6月.
  23. 岸本有之, 中尾俊行, 高橋雅和, 山田隆志, 津田和彦, 寺野隆雄: データマイニングとエージェント・シミュレーションを用いた店舗行動の分析, 人工知能学会第22回全国大会,2P2-2,2008年6月.
  24. 高橋徹,生田目美紀,楠房子,小野功,寺野隆雄: Big Fat Wand:オープンなスペースでの聴覚障害者教育: 人工知能学会第22回全国大会,2P2-3,2008年6月.
  25. 木下哲男, 横尾真, 北村泰彦, 菅原俊治, 寺野隆雄, 新谷虎松, 大須賀昭彦, 峯恒憲: JAWSの発展とエージェント分野への寄与. ソフトウェア科学会誌, 2008.
  26. 高橋雅和,山田隆志,中尾俊行, 津田和彦,寺野隆雄: 双方向リコメンデーションシステムによるマーケティングの改善をめざして. 平成20年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演プログラム集,pp. 88-96,(2008).
  27. Takahashi, M., Nakao, T., Tsuda, K., and Terano, T.,: Generating Dual-Directed Recommendation Information from Point-of-Sales Data of a Supermarket, Vol. 5178 of LNAI, Springer-Verlag, pp.1010-1017, 2008
  28. Takahashi, H., Terano, T., "Analyzing the influence of overconfident investors on financial markets," Proceedings of International Conference on Economic Science with Heterogeneous Interacting Agents, p. 32, 2008.
  29. Kunigami, M., Kobayashi, M., Yamadera, S., Yamada, T., Terano, T., "Analysis and simulation on the emergence of money through a doubly structural network model," Proceedings of 14th International Conference on Computing in Economics and Finance, p. 13, 2008.
  30. Yamada, T., Koyama, Y., Terano, T., "Strategy experiments in an experimental artificial futures market with human subjects," Proceedings of 14th International Conference on Computing in Economics and Finance, p. 50, 2008.
  31. Kunigami, M., Kobayashi, M., Yamadera, S., Yamada, T., Terano, T., "A Doubly Structural Network Model and Analysis on Emergence of Money," Proceedings of The second World Congress on Social Simulation (WCSS-08), 2008.
  32. Yang, C., Kurahashi, S., Terano, T., "Agent-based Simulation on Women's Role in a Family Line on Civil Service Examination in Chinese History," Proceedings of The Fifth Conference of the European Social Simulation Association (ESSA 2008), 2008.
  33. Yamada, T., Koyama, Y., Terano, T., "Programming an expertized trading agent: from a perspective of market microstructure," Proceedings of 2008 Winter Workshop on Economics with Heterogeneous Interacting Agents, CD-ROM, 2008.
  34. Matsuyama, S., Terano, T., "Analyzing the ENRON Communication Network Using Agent-Based Simulation," Journal of Networks, Vol 3, No 7 pp. 26-33, 2008.
  35. 杉山はるか, 黒田秀子,生田目美紀,山田隆志,寺野隆雄,楠房子,稲垣成哲: 児童用指文字学習ソフトの利用と学習効果の関係. 教育システム情報学会第33回全国大会講演論文集(JSISE2008) A7-3, pp. 150-151, 2008.
  36. 堀田大輔,越山修,山田隆志,吉川厚,山本秀男,寺野隆雄: 協調フィルタリングを用いた学習者の視点の抽出-マンガ教材を用いた考察.- 教育システム情報学会第33回全国大会講演論文集(JSISE2008)B7-8, pp. 286-287, 2008.
  37. 越山修,吉川厚,寺野隆雄: 発話や視認に着目したビジネスゲーム実践における学習者の行動分析, 教育システム情報学会第33回全国大会講演論文集(JSISE2008)B7-9, pp. 288-289, 2008
  38. 越山修,吉川厚,寺野隆雄: ビジネスゲーム実践における学習者の行動分析, 日本認知科学会第25回大会発表論文集(JSCC2008), pp; 2-25, 2008
  39. 高橋 徹,生田目 美紀, 楠 房子, 小野 功, 寺野 隆雄: 可搬型レーザデバイスを用いたアクティブ指示装置の聴覚障害者教育への適用と評価, ヒューマンインタフェースシンポジウム2008論文集,p. 1540, 2008.
  40. Yamada, T., Koyama, Y., Terano, T.: Strategy Experiments in an Artificial Futures Market. Evolutionary and Institutional Economics Review, Vol. 5, No.1, pp. 29-52, 2008.
  41. 渡部雅男,寺野隆雄: プロジェクトマネージャの指示遅れによる生産性へのインパクト -エージェント・ベース・シミュレーションによる分析-. 経営情報学会誌, Vol. 17, No. 2, pp. 21-38, 2008.
  42. Terano, T.: Beyond the KISS Principle for Agent-Based Social Simulation. Journal of Socio-Informatics, Vol. 1, No. 2, pp. 175-187, 2008. [PDF]
  43. 國上真章, 小林正人, 山寺智, 寺野隆雄: 複雑2重ネットワークモデルによる貨幣の創発現象の分析, 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用 (TOM) ネットワークが創発する知能 特集号(MPS07-Special-15),
  44. Kurahashi, S., Terano, T.: Technology Extraction of Expert Operator Skills from Process Time Series Data. Bacardit, J. et al. (eds.): Learning Classifier Systems - 10th International Workshop, Iwlcs 2006, Seattle, Ma, USA, July 8, 2006, and 11th International Workshop, Iwlcs 2007-. Springer LNCS 4998, pp. 269-285, 2008.
  45. 中野健次,寺野隆雄: 意思決定の失敗事例をビジネスゲームで学ぶーケースとビジネスゲームの融合学習. 情報処理学会論文誌,Vol.49, No. 10, pp. 3354-3365, 2008.
  46. 寺野隆雄, 高橋雅和: 中小ロングテールビジネスを支える双方向情報推薦システム. 人工知能学会誌, Vol. 26, No. 6, pp. 743-749, 2008.
  47. 小林 正人, 國上 真章, 山寺 智, 山田 隆志, 寺野 隆雄: 複雑2重ネットワークモデルによる貨幣創発のエージェントシミュレーション. コンピュータソフトウェア. Vol. 25, No. 4, pp. 261-268, 2008.
  48. 山下泰央,高橋大志,寺野隆雄: ビジネスゲームによる投資と資本構成選択問題の学習. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2008(JAWS-2008)予稿集, 2008.
  49. 高橋徹,山田隆志,寺野隆雄: ネットワークにおける情報伝播のPSOを利用したシミュレーション. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2008(JAWS-2008)予稿集, 2008.
  50. 横川大,高橋徹,山田隆志,寺野隆雄: エージェント・シミュレーションによる産業集積におけるオンラインものづくりの分析. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2008(JAWS-2008)予稿集, 2008.
  51. 岸本有之,高橋徹,中尾俊行,高橋雅和,山田隆志,津田和彦,寺野隆雄: エージェント・ベース・シミュレーションによる小売店舗内推薦方法の分析. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2008(JAWS-2008)予稿集, 2008.
  52. 小林正人,國上真章,山寺智,山田隆志,寺野隆雄: 複雑二重ネットワークモデルによるポイント交換システムの分析. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2008(JAWS-2008)予稿集, 2008.
  53. 菊地剛正,鳥山正博,山田隆志,寺野隆雄: エージェントシミュレーションを用いた組織構造最適化の研究 - スキーマ認識モデル -, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2008(JAWS-2008)予稿集, 2008.
  54. 佐藤和希,高橋徹,山田隆志,寺野隆雄: 群集歩行シミュレーションにおける一般化歩行ルールの検討. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2008(JAWS-2008)予稿集, 2008.
  55. Yang, C., Jiang, B., Yamada, T.; Terano, T.: Simulating the Effect of Team Management on its Performance, Journal of Harbin Institute of Technology, Vol. 15, SUPPL., pp. 256-261, April, 2008.
  56. 寺野隆雄: 複雑二重ネットワークモデル-知識と人のネットワークで社会を観る. オペレーションズ・リサーチ. 特集エージェントベース社会シミュレーションの動向と展望. Vol. 53, No. 12, pp. 661-666, 2008.

2007年

  1. 寺野隆雄: ケースとゲームでビジネスを学ぶ. 計測と制御,第46巻,第1号,pp.44-50,2007.1月.
  2. 寺野隆雄: システムの解析と設計:学習と進化とシステム思考 計測と制御 第46巻,第4号,pp. 274-279, 2007.4月.
  3. 渡部雅男, 寺野隆雄: 大規模プロジェクトにおけるコミュニケーション効率の特性と短納期化 - エージェント・ベース・シミュレーションによる分析 -. プロジェクトマネジメント学会春季研究発表大会論文集,1306, 2007.
  4. 鈴木克弘,山田隆志,寺野隆雄: OJTによる知識移転のエージェントベースシミュレーション. 計測自動制御学会第34回知能システムシンポジウム資料,pp. 229-232, 2007.
  5. 寺野隆雄: エージェント・ベース・モデリングによる社会・経済・組織問題への接近. 計測自動制御学会第41回システム工学部会研究会資料,pp.1-6,2007.
  6. 石田亨, 寺野隆雄, 鳥居大祐, 村上陽平: 社会シミュレーションと参加型デザイン. 情報処理, Vol. 48, No. 3, pp. 271-277, 2007.
  7. 大沢英一, 石田亨, 石塚満, 武田英明, 寺野隆雄, 本位田真一, 横尾真: パネル討論: エージェントの社会的インパクト. 情報処理, Vol. 48, No. 3, pp. 278-285, 2007.
  8. 見城幸直,山田隆志,寺野隆雄: 強化学習エージェントによる企業組織の分析モデル. 情報処理学会研究報告第146回知能と複雑系研究会,pp.35-42, 2007.
  9. Miki Namatame, Fusako Kusunoki, Shigenori Inagaki, Takao Terano: Practice! YUBIMOJI AIUEO: An Edutainment System of Japanese Hand Alphabets for Elementary School Children. ACM/IEEE AIS2007.
  10. Hiroshi Takahashi, Satoru Takahashi, Takao Terano: Analyzing the Influences of Passive Investment Strategies on Financial Markets via Agent-Based Modeling, in Edmonds, B., Hernandez, C., and Troutzsch, K. G., (eds.) Social Simulation - Technologies, Advances, and New Discoveries. Information Science Reference, Hershey, pp. 224-238, 2007.
  11. Satoru Yamadera, Takao Terano: Examining The Myth of Money with Agent-Based Modeling, in Edmonds, B., Hernandez, C., and Troutzsch, K. G., (eds.) Social Simulation - Technologies, Advances, and New Discoveries. Information Science Reference, Hershey, pp. 252-262, 2007.
  12. 國上真章,寺野隆雄: Cournot市場における集団学習ダイナミックスの複雑性. 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用. Vol.48, No.SIG2(TOM 16), pp.1-8, 2007年2月.
  13. 中野健次,松山科子,寺野隆雄: ケースメソッドとビジネスゲームを融合する学習システム, 教育システム情報学会誌,Vol. 24, No. 2,2007 JSiSE
  14. 松山 科子, 國上 真章, 寺野 隆雄: エージェントベースシミュレーションによるハブコンテンツ出現メカニズムの解明. 人工知能学会第21回全国大会論文集, [1C2-2], 2007.
  15. 高橋 徹, 山田 隆志, 寺野 隆雄: 社会ネットワークにおける局所構造の創発と分析. 人工知能学会第21回全国大会論文集, [1C2-5], 2007.
  16. 國上 真章, 小林 正人, 山寺 智, 寺野 隆雄: 複雑2重ネットワークモデルによる貨幣の創発について. 人工知能学会第21回全国大会論文集, [1C3-2], 2007.
  17. 鈴木 準二, 松山 科子, 白石 哲也, 寺野 隆雄: ネットワーク分析によるタンパク質相互作用データベースからの知識発見. 人工知能学会第21回全国大会論文集, [3C6-3], 2007.
  18. 山田隆志, 見城幸直, 寺野隆雄: 強化学習エージェントによる企業組織の分析モデル. 第26回日本シミュレーション学会大会発表論文集, pp.23-27, 2007年6月.
  19. 高橋大志,寺野隆雄: エージェントベースモデルによる金融市場のミクロマクロ構造の解明: インデックスと資産価格変動. 電子情報通信学会論文誌D (特集号タイトル:ソフトウェアエージェントとその応用特集号), Vol. J90-D, No. 9, pp. 2407-2414, Sep. 2007.
  20. 加納良樹,寺野隆雄: ミクロ変数の推計に基づくアセット・アロケーション戦略. 電子情報通信学会論文誌D (特集号タイトル:ソフトウェアエージェントとその応用特集号), Vol.J90-D, No.9, pp. 2398-2406, Sep. 2007.
  21. Yamada, T., Terano, T.: Price Formations by Monte-Carlo Method: a Simple Comparison. Proc. M2M Workshop, pp.211-228, 2007.
  22. Terano, T., Kita, H., Deguchi, H., Kijima, K. (eds.): Agent-Based Approches in Economic and Social Complex SYstems IV - Post-Proceedings of the AESCS International Workshop 2005-. Springer Verlag, 2007.
  23. Nakano, K., Matsuyama, S., Terano, T.: Research on a Learning System Toward Integration of Case Method and Business Gaming. in Terano, T., Kita, H., Deguchi, H., Kijima, K. (eds.): Agent-Based Approches in Economic and Social Complex SYstems IV - Post-Proceedings of the AESCS International Workshop 2005-, pp. 21-32, Springer Verlag, 2007.
  24. Kobayashi, M., Deguchi, H., Terano, T.: Analyzing Tow-Away Policy in a Local Community. in Terano, T., Kita, H., Deguchi, H., Kijima, K. (eds.): Agent-Based Approches in Economic and Social Complex SYstems IV - Post-Proceedings of the AESCS International Workshop 2005 -, pp. 79-88, Springer Verlag, 2007.
  25. Takahashi, H., Terano, T.: Analyzing the MIcro-Macro Structure in Financial Markets through Agent-Based Modeling. HCS2007 Conference at Lake Arrowhead, p. 10, 2007.
  26. Terano, T.: Exploring the Vast Parameter Space of Multi-Agent Based Simulation. in L. Antunes and K. Takadama (Eds.): Proc. MABS 2006, LNAI 4442, pp. 1-14, Springer, 2007.
  27. Terano, T.: KAIZEN for Agent-Based Modeling. in Takahashi, S., Sallach, D., Rouchier, J., (eds.): Advancing Social Simulation -The First Congress-. Springer Verlag, pp. 1-6, 2007.
  28. 越山修, 鈴木久敏, 寺野隆雄: ビジネスゲーム開発者のためのフレームワークの提案. 日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文報告集 2007年春号, pp. 16-21, 2007.
  29. 越山修, 寺野隆雄,鈴木久敏: ビジネスゲームの開発フレームワーク. 経営情報学会2007年春季全国発表大会予稿集 H4-2, pp. 418-421,2007.
  30. Masao Watabe, Takao Terano: Analyzing the Role of Mutual Communications in Project Management through Agent-Based Simulation. in Wilby, J. (ed.): Proc. 51st Annula Conference of the International Society for the Systems Sciences (ISSS 2007), ISBN 0-9740735-7-1, 2007-754, 2007.
  31. Masao Watabe, Takao Terano: Agent-based Simulation to Seek for Effective Communication in Project Management. Journal of Convergence Information Technology, Vol. 2, No. 3, pp.39-46, 2007.
  32. 松山 科子, 國上 真章, 寺野 隆雄: ABSによるコンテンツ流通メカニズムの解析. 日本ソフトウェア科学会ネットワークが創発する知能研究会第3回ワークショップ講演論文集(JWEIN2007), pp. 16-23, 2007.
  33. 國上 真章, 小林 正人, 山寺 智, 寺野 隆雄: 複雑2重ネットワークモデルによる貨幣創発の分析. 日本ソフトウェア科学会ネットワークが創発する知能研究会第3回ワークショップ講演論文集(JWEIN2007), pp. 172-173, 2007.
  34. 岸本有之,佐藤和希,山田隆志,寺野隆雄: エージェントシミュレーションによる店舗内における顧客行動の分析 計測自動制御学会第13回創発シンポジウム, P12, 2007.
  35. 横川大,文健哲,山田隆志,寺野隆雄: エージェントシミュレーションによる利用者・提供者間の競合市場の分析 計測自動制御学会第13回創発シンポジウム, P27, 2007.
  36. 中川裕司,菊地剛正,鳥山正博,山田隆志,吉川厚,寺野隆雄: ABMを用いた組織内コミュニケーションのモデル化 計測自動制御学会第13回創発シンポジウム, P28, 2007.
  37. 松山 科子, 寺野 隆雄: エージェントシミュレーションによる個人間の情報ネットワークの分析モデル. 人工知能学会論文誌, Vol. 22, No. 6, pp. 612-620, 2007.
  38. 下平 利和, 寺野 隆雄: ビジネスゲームの開発期間短縮と品質確保を目的としたパラメタ調整用ツールの開発. JASAG, 2008.
  39. Yamada, T. Terano, T.: From the Simplest Price Formation Models to Paradigm of Agent-Based Computational Finance: a First Step. Proc. AESCS2007, 2007.
  40. Kunigami, M., Kobayashi, M., Yamadera, S., and Terano, T.: On Emergence of Money in Self-organizing Doubly Structural Network Model Proc. AESCS2007, 2007.
  41. Kurahashi, S., Terano, T.: Historical SImulation: A Study of Civil Service Examinations, Family Line, and Cultural Capital in China. Proceedings of ESSA'07, pp. 139-150, 2007.
  42. Kunigami, M., Kobayashi, M., Yamadera, S., Terano, T.: On Emergence of Money in Self-Organizing Micro-Macro Network Model. Proceedings of ESSA'07, pp. 417-425, 2007.
  43. Kenjo, Y. Yamada, T., Terano, T.: Agent-Based Simulation to ANalyze Business Office Activities using Reinforcement Learning. Proceedings of ESSA'07, pp. 671-682, 2007.
  44. Terano, T.: Basic principles to explore the parameter space of social simulation models. ESSA'07 Tutorial Lecture, Sept. 10, 2007.
  45. Terano, T., Otsuka, Y., Kugawa, M., and Kurahashi, S.: Development of PANGEA and SICE Academic Activity Support Systems Proc., SICE Annual Conference 2007, 1C12-5, pp. 965-968, 2007.
  46. Matsuyama, S., Terano, T.: An Agent Simulator Meets the Enron for Communication Network Analysis. Proc. IEEE SMC 2007, 1999-2004, 2007.
  47. 寺野隆雄: エージェント・ベース・モデルによる知識移転効果の分析. 鉄鋼協会 第154回秋季講演大会,CAMP-ISIJ VOL. 20(2007)-0057、pp.945-946.
  48. 鳥山正博,中川裕司,菊地剛正,山田隆志,寺野隆雄: エージェントベースモデルによる組織コミュニケーションネットワークのダイナミクスの分析. Proc. JAWS2007, 2007.
  49. 加納良樹,寺野隆雄: ミクロ変数の時系列推定とその評価方法の提案. Proc. JAWS2007, 2007.
  50. 小林正人,國上真章,山寺智,山田隆志,寺野隆雄: 複雑2重ネットワークモデルによる貨幣創発のエージェントシミュレーション. Proc. JAWS2007, 2007.
  51. 山下泰央,高橋大志,寺野隆雄: ビジネスゲームによるファイナンスへの接近:金融資産への投資の意思決定の学習. Proc. JAWS2007, 2007.
  52. 寺野隆雄: エージェント・シミュレーションの実践と評価. 経営情報学会2007年秋季全国研究発表大会予稿集, pp.352-355, 2007.
  53. 山田隆志, 小山友介, 寺野隆雄: 人工先物市場実験から見た工学系大学院でのコンピュータ経済学教育の可能性. 第2回横幹連合コンファレンス予稿集, 29D13, pp. 147-150, 2007. 29D11, pp. 143-146, 2007.
  54. 寺野隆雄, 倉橋節也, 大塚雄吉, 久川雅志: 学会員の知を結ぶ学会活動支援システム. 第2回横幹連合コンファレンス予稿集, 29D12, pp. 147-150, 2007.
  55. 寺野隆雄, 鴨志田晃, 山田隆志: 双方向情報推薦システムによるロングテールビジネスの支援. 第2回横幹連合コンファレンス予稿集, 29D13, pp. 151-152, 2007.
  56. Takahashi, H., Terano, T.: Analyzing the Influence of Overconfident Investors on Financial Markets through Agent-Based Model. in Yin, H., Tino, P., Corchado, E., Byrne, W., Yao, X. (eds.): Intelligent Data Engineering and Automated Learning- IDEAL 2007 (8th International Conference Proceedings), LNCS 4881, Springer Verlag, pp. 1042-1052, 2007.
  57. Yamada, T., Koyama, Y., Terano, T.: Short Run Dynamics in an Artificial Futures Market with Human Subjects. in Yin, H., Tino, P., Corchado, E., Byrne, W., Yao, X. (eds.): Intelligent Data Engineering and Automated Learning- IDEAL 2007 (8th International Conference Proceedings), LNCS 4881, Springer Verlag, pp. 1092-1101, 2007.
  58. 寺野隆雄:エージェント・シミュレーションにおける進化計算. 進化計算シンポジウム2007, pp. 23-26, 2007.
  59. 下平利和, 寺野隆雄: ビジネスゲームの開発期間短縮と品質確保を目的としたパラメタ調整用ツールの開発. シミュレーション&ゲーミング, Vol. 17, No. 2, pp.83-91, 2007.

2006年

  1. 國上 真章,寺野 隆雄: カオス的市場モデルの安定性と馴化. 情報処理学会 第142回「知能と複雑系研究会」資料, pp.83-88, 2006.
  2. 寺野隆雄: エージェント技術によるケースメソッドとゲーミングシミュレーションの統合型学習方法. 人工知能学会・先進的学習科学と工学(ALST)研究会(第46回), pp.83-88, 2006年3月.
  3. 寺野隆雄: 社会・経済・組織の制度基盤を支えるエージェント・ベース・モデリング (招待講演). 計測自動制御学会第38回システム工学部会研究会 「エージェントベース社会システム科学:社会シミュレーションの現状と展望」, pp.1-2, 2006年3月.
  4. 寺野隆雄: 企業・社会・共生・計算. 情報処理学会第68回全国大会「Symbiotic Computing シンポジウム」 (講演とパネル討論), p. 22, 2006.
  5. 見城幸直,山田隆志,寺野隆雄: オフィス活動を分析するためのエージェント・シミュレーション・モデル. 計測自動制御学会第33回知能システムシンポジウム資料, 1A1-4, pp. 305-308, 2006.
  6. 寺野隆雄, 高橋正和, 榛澤和敏: 遺伝的アルゴリズムによるプラント設計問題における複数解の探求. 計測自動制御学会第33回知能システムシンポジウム資料, 2B1-5, pp. 309-312, 2006.
  7. 寺野隆雄: 経営知識の獲得と伝承のためのコンピュータ支援型ビジネスシミュレータ. 日本鉄鋼協会第151回春季講演大会, 計測・制御・システム工学部会シンポジウム 「鉄鋼業における技能伝承・人材育成へのシステム分野からの提案」, pp. 295-296, 2006年3月.
  8. Terano, T., "Exploring the Vast Parameter Space of Multi-Agent Based Simulation," Invited Talk Proc. MABS 2006 (Seventh International Workshop on Multi-Agent-Based Simulation), AAMAS2006 Workshop WS15, p.1,May 2006
  9. S.Matsuyama, T.Terano : Analyzing Dynamics of Peer-to-Peer Communication -From Questionnaire Surveys to Agent-Based Simulation-, Proc. MABS 2006 (Seventh International Workshop on Multi-Agent-Based Simulation), AAMAS2006 Workshop WS15, pp. 17-30,May 2006.
  10. 加納良樹,寺野隆雄:人工市場による株価参照頻度の分析, 情報処理学会論文誌,Vol. 47, No. 5, pp.1423-1432, 2006.
  11. 高橋大志,寺野隆雄: 金融市場におけるミクロマクロ構造の解明:自信過剰な投資家の出現, 情報処理学会論文誌,Vol. 47, No. 5, pp.1433-1442, 2006.
  12. 中野健次, 寺野隆雄: ケースとビジネスゲームの融合-ビール会社経営における意思決定の学習-. シミュレーション&ゲーミング, Vol.16, No.1, pp.1-15, June, 2006.
  13. 中野 健次, 寺野 隆雄: ケースメソッドとビジネスゲームを融合する経験学習モデル, 日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文報告集 2006年春号, pp.49-52, 2006.
  14. 越山修・鈴木久敏・寺野隆雄: 「ビジネスゲームの開発フレームワーク」, 日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文報告集 2006年春号, pp. 59-60, 2006.
  15. 文健哲, 寺野隆雄: TV通販の配信における浸透率に関する分析. オフィスオートメーション学会・経営情報学会2006年合同・全国大会予稿集, pp.342-345, 2006年6月.
  16. 寺野隆雄: マルチエージェントシミュレーションの技術と応用. 日本鉄鋼協会計測・制御・システム部会シンポジウム 「設備産業におけるシミュレーション技術の活用と展開」資料, pp. 1-8, 2006年6月.
  17. 篠田有史, 領家美奈, 寺野 隆雄, 中森 義輝: エージェントモデルによるビジネスゲームの実施支援. 2006年人工知能学会全国大会(第20回)(JSAI2006)資料 1B2-1, 2006.
  18. 國上 真章,寺野 隆雄: 市場経済におけるカオス現象とそのリスクの馴化. 2006年人工知能学会全国大会(第20回)(JSAI2006)資料 3E3-05, 2006.
  19. Masaaki Kunigami, Takao Terano, Complexity and Control of Collective Learning Dynamics in a Simple Model of Market: The Workshop on the Economics of Heterogeneous Interacting Agents (WEHIA2006 Bologna Italy), 2006.
  20. Miki Namatame, Yasuhi Harada, Fusako Kusunoki, Shigenori Inagaki, Takao Terano, To Use PYA Tool or Not for Learning Japanese. Proceedings of the ACM SIGCHI International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE 2006),S17-a79、 2006
  21. Koshiyama, O., Suzuki, H. and Terano, T., Proposing a Framework for Business Game Development, Proc. of ISAGA37, pp.104-106、2006.
  22. 寺野隆雄: エージェント・ベース・モデリングの技術と応用. 計測自動制御学会システム工学部会・経営情報学会合同シンポジウム 「社会シミュレーションの技術敵動向と実務的課題」資料, pp. 1-8, 2006年7月.
  23. 寺野隆雄: 企業組織における共生の考え方とそのための計算モデル. 情報処理, Vol. 47,No.8,pp.830-835, 2006.
  24. Terano, T., "KAIZEN for Agent-Based Modeling," Invited Talk, Proc. the First World Congress on Social Simulation, p. 1, Aug., 2006.
  25. S.Matsuyama, T.Terano: Analyzing Network and Individual Characteristic of Peer-to-Peer Communication through Agent-Based Simulation, Proc. WCSS 2006 (The first World Conference on Social Simulation), pp. 383-390, August 2006
  26. Yukinao Kenjo: An Agent-Based Simulator to Analyze Business Office Activities, WCSS'06, 2006.
  27. Takao Terano: To Control or to Harness for Coping with Complex World Phenomena. SCIS&ISIS (Joint 3rd Int. Conf. on Soft Computing and Intelligent Systems/7th Int. Symp. on Advanced Intelligent Systems) 2006 SU-A1-1, 2006.
  28. Yamada, T., Terano, T., "Price formations in genetic learning model of investor sentiment," Proceedings of 9th Joint Conference on Information Sciences, CIEF-221, pp.285-288, 2006.
  29. Yoshiki Kano, Takao Terano: Predicting Technical Investors' Decisions in a Financial Market through Agent-Based Simulation. Proc. CIEF 2006 (The Fifth International Conference on Computational Intelligence in Economics and Finance), CIEF-223, pp. 322-325, 2006
  30. Hiroshi TAKAHASHI, Takao TERANO: Emergence of Overconfidence Investors in Financial Markets. Proc. CIEF 2006 (The Fifth International Conference on Computational Intelligence in Economics and Finance), CIEF-267, pp. 379-382, 2006
  31. Takao Terano: Exploring the Huge Multiverse of Agent-Based Simulation. Proc. SICE/ICASS, pp. 4587-4590, Oct., 2006.
  32. Hiroshi Takahashi, Takao Terano: Exploring Risks of Financial Markets through Agent-Based Modeling. pp. 939-942, Proc. SICE/ICASS 2006, Oct. 2006.
  33. Takao Terano, Masakazu Takahashi, Kazutoshi Hanzawa: Multiple Solutions for Plant Design Analyses through a Genetic Algorithm with Tabu Lists. Proc. IEEE SMC 2006, pp. 3126-3131, Oct., 2006.
  34. 生田目美紀. 原田泰. 楠房子. 稲垣成哲. 寺野隆雄: 児童向けゆびもじ学習ソフトの開発とその評価. ヒューマンインターフェース学会誌・論文誌, Vol. 8, No. 4, pp. 537-544, 2006.
  35. 寺野隆雄: エージェント・ベース・モデリングの技術と応用. JASIチュートリアル, 日本社会情報学会JSIS・JASI合同研究会, pp.248-251, 2006年9月.
  36. 寺野隆雄: 組織行動とエージェント・ベース・モデリング. 電気学会 平成18年電子・情報・システム部門大会講演論文集, pp.290-293,2006年9月.
  37. 高橋徹, 山田隆志, 寺野隆雄: エージェントベースモデリングによる協力ネットワークの形成と分析. 数理モデル化と問題解決シンポジウム論文集, シンポジウムテーマ:複雑系の科学とその応用, 情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会,pp. 127-132, 2006.
  38. Takao Terano: Exploring Huge Multiverse of Agent-Based Simulation. (招待講演) 数理モデル化と問題解決シンポジウム論文集,シンポジウムテーマ: 複雑系の科学とその応用, 情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会,pp. 1-8, 2006.
  39. 松山科子, 寺野隆雄: Enron電子メールデータからのコミュニケーションネットワーク分析, JAWS2006(合同エージェントワークショップ&シンポジウム2006), 2006年10月.
  40. 加納良樹, 寺野隆雄: ミクロ変数の推計に基づくアセット・アロケーション戦略. JAWS2006(合同エージェントワークショップ&シンポジウム2006), 2006.
  41. 見城幸直,山田隆志,寺野隆雄: オフィス活動を分析するためのエージェントシミュレーション, JAWS2006(合同エージェントワークショップ&シンポジウム2006), 2006.
  42. 石田亨,鳥居大祐,村上陽平,寺野隆雄: 社会シミュレーションと参加型デザイン. JAWS2006(合同エージェントワークショップ&シンポジウム2006), 2006.
  43. 高橋大志, 高橋悟, 寺野隆雄: エージェントベースモデルによる金融市場のミクロマクロ構造の解明: インデックスと資産価格変動. JAWS2006(合同エージェントワークショップ&シンポジウム2006), 2006.
  44. 下平 利和, 寺野 隆雄: ビジネスゲーム開発時におけるテスト工程の改善, 日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会論文報告集2006年秋号, pp.143-144,2006.
  45. 鈴木 克広, 山田 隆志,寺野 隆雄: エージェント・ベース・シミュレーションによる製造現場における知識伝達と管理のモデル. 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2006講演論文集, pp.309-312, 2006.
  46. 見城幸直: エージェントシミュレーションによる企業の定型業務の分析. 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2006講演論文集, pp. 313-318, 2006.
  47. Takao Terano: Agent-Based Modeling for Social Systems towards a New Frontier of Parallel Distributed Applications. Invited Talk at PDCAT'2006, Dec., 2006.

2005年

  1. 寺野隆雄:生成システムとしての対話型進化計算と属性選択問題.計測と制 御,第44巻,第1号,pp.12-15,2005年.
  2. 山寺智,寺野隆雄:エージェント・ベース・モデリングによる通貨の研究- 古典理論の 検証と拡張.計測自動制御学会第32回知能システムシンポジウム資 料, pp. 373- 376, 2005
  3. Atsuko Arai and Takao Terano : Yutori Is Considered Harmful : Agent-Based Analysis for Education Policy in Japan. Shiratori, R.; Arai, K.; Kato, F. (Eds.) : Gaming, Simulations, and Society Research Scope and Perspective , Springer, pp.129-136,2005 (ISBN: 4-431-22308-8)
  4. Setsuya Kurahashi, Takao Terano:Analyzing Norm Emergence in Communal Sharig via Agent-Based Simulation .Systems and Computers in Japan,Vol.36,No.6,pp.102-112,2005
  5. Miki Namatame, Yasuhi Harada, Fusako Kusunoki, Takao Terano:PYA-CAM for Hand Alphabet Learning.AMT2005(Proceedings of the 2005 International Conference on Active Media Technology),pp.177-178,2005
  6. 村上英治,越水重臣,林純也,寺野隆雄:テキストマイニングを使ったリコー ル情報からの問題点抽出とナレッジマネジメントへの適用.経営情報学会2005 年春季全国研究発表大会,pp.246-249
  7. Miki Namatame, Yasuhi Harada, Fusako Kusunoki, Takao Terano, Shigenori Inagaki:What you Look Like When Learning Hand Alphabets. ACE2005 (Proceedings of the ACM SIGCHI International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology),pp.377-378,2005
  8. Masato Kobayashi, Takao Terano: Analyzing Local Community Tow-Away Policies through Agent-Based Simulation. Proc. NAACSOS 2005 (2005 North American Association for Computational, Social, and Organizational Science), 2005
  9. Terano, T., Kita, H., Kaneda, T., Arai, K., Deguchi, H. (Eds.): Agent- Based Simulation, from Modeling Methodoloiges to Real-World Applications (Springer Series on Agent Based Social Systems), Springer 2005.
  10. Hiroshi Takahashi, Satoru Takahashi, Kazuhiko Tsuda, Takao Terano: Analysis of Passive Investment Strategies and Asset Price Fluctuation in Financial Markets through Agents. in Terano, T., Kita, H., Kaneda, T., Arai, K., Deguchi, H. (Eds.): Agent-Based Simulation, from Modeling Methodoloiges to Real-World Applications (Springer Series on Agent Based Social Systems), Springer, pp. 144-157, 2005
  11. Kenji Nakano, Shinako Matsuyama, Takao Terano: Research on a Learning System toward Integration of Case Method and Business Gaming. Proc. AESCS 2005 (The Fourth International Workshop on Agent-based Approaches in Economic and Social Complex Systems), pp. 25-34, 2005
  12. Masato Kobayashi, Hiroshi Deguchi, Takao Terano: Analyzing Tow-Away Policy in a Local Community. Proc. AESCS 2005 (The Fourth International Workshop on Agent-based Approaches in Economic and Social Complex Systems), pp. 315-324, 2005
  13. Satoru Yamadera, Takao Terano: Agent-Based Modeling to Analyze the Emergence of Money. Proc. AESCS 2005 (The Fourth International Workshop on Agent-based Approaches in Economic and Social Complex Systems), pp. 337-346, 2005
  14. Shinako Matsuyama, Masaaki Kunigami,Takao Terano: Network Analysis for Peer-to-Peer Communications by Agent-based Simulation. Proc. AESCS 2005 (The Fourth International Workshop on Agent-based Approaches in Economic and Social Complex Systems), pp. 426-432, 2005.
  15. Takao Terano: Beyond the KISS Principle for Agent-Based Social Simulation. 2nd Symposium on the 21st-Century COE Program Creation of Agent-Based Social System Sciences, pp. 69-78, 2005.
  16. Satoru Yamadera, Takao Terano: Examinig the Myth of Money with Agent-Based Modeling. in Klaus G. Troitzsch ed. Rpresenting Social Reality - Pre-Proceedings of the Third Conference of the European Social Simulation Association (ESSA 2005), pp. 258-265, 2005.
  17. 國上真章, 寺野隆雄: Cournot型市場における集団学習ダイナミックスの複 雑性と制御. FCS/テクノシンポ名大/MPSシンポジウム, 2005
  18. Shinako Matsuyama, Masaaki Kunigami, Takao Terano: Multi-agent Modeling of Peer to Peer Communication with Scale-Free and Small-World Properties. R. Khosla, R. J. Howlett, L. C. Jain (eds.) Proc. KES2005 (Part IV), LNAI 2684, pp. 772-778, 2005.
  19. Kenji Nakano, Takao Terano: A Case-Oriented Game for Business Learning. R. Khosla, R. J. Howlett, L. C. Jain (eds.) Proc. KES2005 (Part IV), LNAI 2684, pp. 779-784, 2005.
  20. Toshikazu Shimodaira, Hua Xu, Takao Terano: HHM-Based Risk Management for Business Gaming. R. Khosla, R. J. Howlett, L. C. Jain (eds.) Proc. KES2005 (Part IV), LNAI 2684, pp. 792-798, 2005.
  21. Masanori Inada, Takao Terano: QC Chart Mining: Extracting Systematic Error Patterns from Quality Control Charts. Proc. IEEE SMC 2005 (IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics), pp. 3781-3787, 2005.
  22. Yasushi Harada, Miki Namatame, Takao Terano, Fusako Kusunoki, Shigenori Inagaki: How-you-look-smart Interface for Learning Hand Alphabets. Proc. 2005idc (Int. Association of Societies of Design Research), P85, 2005.
  23. 加納良樹, 寺野隆雄: 人工市場による株価参照頻度の分析JAWS2005(合 同エージェントワークショップ&シンポジウム2005)講演論文集, pp. 263-270, 2005.
  24. 高橋大志, 寺野隆雄: 金融市場におけるミクロマクロリンクの解明:自 信過剰な投資家の出現. JAWS2005(合同エージェントワークショップ&シンポ ジウム2005)講演論文集, pp.271-278,2005.
  25. Yuji Shinoda, Mina Ryoke, Takao Terano, Yoshiteru Nakamori: Design of a Software Agent for Business Game Simulation. Proc. IFSR 2005 (The First International COngress of the Inernational Federation for Systems Research), S-4-2, 2005.
  26. 松山科子,寺野隆雄:エージェント・ベース・モデルによるP2Pコミュニケー ションネットワークの解明.計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会 2005講演論文集, pp. 205-210, 2005
  27. 高橋大志,寺野隆雄:エージェントシミュレーションによる金融市場投資家 行動の分析.計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2005講演論文集, pp. 211- 216, 2005

2004年

  1. Yasudshi HARADA,Miki NAMATAME,Fusako KUSUNOKI,Takao TERANO: Visual,Attractive,and Luminous:Learning Japanese Hand Alphabets for Elementary school Pupils Proc. of Conference on Human Factors in Computing System,p.1570 April 24-29 2004
  2. Yasudshi HARADA,Miki NAMATAME,Fusako KUSUNOKI,Takao TERANO: Letting Every Pupil learn Japanese Hand Alphabets with VISUAL Interfaces Proc.of Conference on Human Factors in Computing System, pp.1363-1366 April 24-29 2004
  3. Eiji Murakami and Takao Terano: Fairy Wing:Distributed Information Service with RFID Tags Multi-Agent for Mass User Support pp.174-189 Springer, 2004
  4. Miki Namatame、Yasushi Harada, Fusako Kusunoki and Takao Terano: Edutaining School Pupila doe Japanese Hand Alphabets Proc.of conference on ACM SIGCHI (ACE 2004),pp.217-221 June 3rd-5th 2004
  5. Takao Terano:Electronic Commerce Research and Applications Proc. of Electronic Commerce Research and Applications 2, pp.201-202 Dec. 2003
  6. Takao Terano, Kenji Nakano, Kazunori Umino, Shinako Matsuyama, Toshikazu Shimodaira: Bridging Business Models:From Case Stukeis towrd Gaming Simulation Proc. of The Third International Workshop on AESCS'04, p.207 May 27th-29th ,2004
  7. Takao Terano, Hiroshi Takahashi: Analyzing Passive Investment Strategies and Asset Price Fluctuation in a Finanacial Market through Agent-Based Modeling Proc. of The Third International Workshop on AESCS'04, pp.25-32 May 27th-29th ,2004
  8. 中野 健次、海野 一則、寺野 隆雄:ビジネスゲームとケースメゾッドの 統合にむけて経営情報学会2004年春季全国研究発表大会予稿集,pp.292-295 June 12-13,2004
  9. Ken Taniguchi, Takao Terano : Keeping the Diversity wity Small Populations Using Logic-Based Genetic Programming Proc.of Genetic and Evolutionary Compution-GECCO 2004 , pp.724-725 June 2004
  10. Yuji Katsumata , Takao Terano : Cabling and Scheduling for Electric Power Plant Operation via TABU-BOA Algorithm Proc.of 2004 Congress on Evlutionary Computation Vol.2 pp.1675-1682 June 19-23,2004
  11. 勝又 勇治, 寺野 隆雄: Tabu-BOAを適用した多様解・多目的解獲得を 目的とする発電所電気設備設計問題の解法. 電気学会論文誌B(電力・エネル ギー部門誌), Vol. 124, No. 6, pp.879-889, 2004.
  12. 内藤 賢一, 寺野 隆雄: 「エージェントシミュレーションの妥当性評 価における統計分析」 第65回ベースシステム研究会資料集(人工知能 学会),pp.81-88 Aug 4-6,2004
  13. 松山 科子,国上 真章,寺野 隆雄:Peer-to-Peer コミュニケーション における情報流通ネットワークの分析人工知能学会知識 第65回ベースシス テム研究会資料集,pp.103-109 Aug 4-6,2004
  14. 寺野 隆雄:U-Mart 仮想市場 ー世界最小のビッグプロジェクトー 計測 と制御 Vol.43 No.8 , pp.606-612, 2004年8月
  15. 谷口 憲,寺野 隆雄:論理型遺伝的プログラミングによる多様解の獲得 第18回人工知能学会全国大会論文集 1H3-02,2004年5月31日から6月4日
  16. Eiji Murakami and Takao Terano : Multiple Document Summarization and Visualization through a Combinatorial Hierarchical Clustering Method Proc.of 16th European Conference on Artificial Intelligence pp.194-203 August 23-27,2004
  17. 中島義裕,喜多一,小野功,森直樹,佐藤浩,松井啓之,寺野隆雄,出口弘,小山友 介:人工先物市場U-MART の紹介 Introduction of Artificial Futures Markdt "U-Mart" 第10回創発システム・シンポジウム「創発夏 の学校2004」講演資料集 pp.88-91 2004年8月20日から22日
  18. Takao Terano,Fusako Kusunoki,Uasushi Harada,Miki Namatame:Practice! YUBIMOJIAIUEO for Japanese Hand Language Learning Entertainment Computing - ICEC 2004 Springer pp.114-119,2004
  19. Shinako Matsuyama,Takao Terano:Designing Business Games from and for Case Studies Proc.of ISAGA・SAGSAGAconfernce Munich 2004 pp.367-375, 6-10 September,2004
  20. Takao Terano,Hiroshi Takahashi,Satoru Takahashi : Agent-Based Modeling to Investigate The Effects of Passive Strategies ina Financial Market Proc.Second Conference of the European Social Simulation Association September 16-19, 2004
  21. Kenji Nakano and Takao Terano : From Gaming Simulation to Case Method - Empirical Study on Business Game Development and Evaluaiton. Proc.8th International Conference,KES2004 pp.472-479,September 2004
  22. Ken Taniguchi and Takao Terano : Analyzing Dynamics of a Supply Chain Using Logic-Based Genetic Programming Proc.8th International Conference,KES2004 pp.464-471,September 2004
  23. Ken Taniguchi and Takao Terano : Logic-Based Genetic Programming for Multi-Model Solutions Proc.IEEE SMC 2004 pp.5765-5770, October 10-13 2004
  24. 寺野 隆雄:ゲーミング、エージェントシミュレーションとケースメソッド の統合JAWS2004合同エージェントワークショップ&シンポジウム2004講演論文 集 pp.123-125,2004年10月27日~29日
  25. 下平 利和、寺野 隆雄 : ビジネスゲームを通じたケースメソッドへの 接近2004年度秋季JASAG大会資料集 、2004年 11月6日
  26. 寺野 隆雄 : エージェント・ベース・モデリング情報・システムソサイ エティ誌(電子情報通信学会)pp.6-7, 2004年11月1日
  27. Hiroshi TAKAHASHI, Satoru TAKAHASHI, Kazuhiko TSUDA, and Takao TERANO: Analyzing Passive Investment Strategy In Financial Markets via Agent-Based Models IPSI-2004 Venice ,November 10-15,2004
  28. Satoru TAKAHASHI, Hiroshi TAKAHASHI, Takao TERANO and Kazuhiko TSUDA: Analyzing Asset Management Knowledge from Analyst Reports through Text Mining IPSI-2004 Venice ,November 10-15,2004
  29. Eiji MURAKAMI and Takao TERANO : Shopping Mall navigation with Smart RFID tags. IPSI-2004 Venice ,November 10-15,2004
  30. Masanori Inada and Takao Terano : QC Chart Mining 第67回・知識ベース システム研究会(人工知能学会研究会資料)pp.153-158、2004年12月6日
  31. Takao TERANO : Agent-badsed Approach to Economic and Social Complex Systems New Generation Computing , Ohmsha,Ltd. vol.23,pp.1-2,2004
  32. 寺野 隆雄:エージェント・ベース・モデリング:その楽しさと難しさ 計 測自動制御学会 計測と制御 Vol.43 No.12,pp.927-931 ,2004
  33. 下平利和,寺野隆雄: ビジネスゲームを通じたケースメソッドへの接近. シミュレーション&ゲーミング, Vol. 14, No.2, pp.144-156, 2004.

2003年以前

こちらへ